日々の映像体験の中で蓄積されていく感覚を掬うこと

具体的に,なめらかな物質と軽やかな映像を結びつけること.
身体のつながりを創造すること.
視覚と触覚.映像への触覚の介入.
プロダクトデザイナーの言葉と映像とを結びつける.
深澤直人と吉岡徳仁.
感覚へのアプローチ.感覚をデザインする.
モノではなく,感覚をデザインしていく.
映像メディアのコンテクストを決定するのは何か.
感覚を信じることしかないのではないか?
信じることの強さを身につけること.
その訓練のためのテキストを書くこと.
日々の映像体験の中で蓄積されていく感覚を掬うこと.
暗い闇の向こうの合成されたような青い空があることの強烈さ.
実際に合成されているのだろうと思う.
この強烈さは,僕たちの身体の中を確実変えていっている.
合成じゃん,ではなく,それが強く印象に残ることが重要.
あたかもそころあるかのようなロボットではなく,チープな合成がもつ感覚.
僕たちは,自分たちの中で,ハリウッド映画のような合成を作りあげているのではない.
そんな時間は,身体に与えられていない.
もっと,チープで粗雑な合成を,瞬時に,大量に作り出して,
感覚のつながりをああでもないこうでもないと作り出しながら,映像に向かっているのではないか.
映像から,大量に生じる感覚のつながりの澱を自分の身体に抱えながら世界を体験していくこと.
どこから掬っていったらよいのだろうか.

このブログの人気の投稿

MASSAGE連載12_ディスプレイなきディスプレイ場/ラファエル・ローゼンダール《Shadow Objects》

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

《ゴット・イズ・デット》が示すインターネットの「不穏さ」

スライド:映像文化 第4回|テレビ:同じ時間にみんなで見るから,共有の場へ

カーソルについての講義のコメントに対するコメント

札幌国際芸術祭のメモ:松江泰治とラファエル・ローゼンダール

メモ:台風→情報の流れ→GIF→複合体としての主観

MASSAGE連載09_小林椋《盛るとのるソー》 ディスプレイを基点に映像とモノのあらたな「画面」状態をつくる

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】