テクスチャー主義

テクスチャーの出現と非ストーリーテリング的アートは,例えば二〇〇五年一〇に上野で展示されていたアーニッシュ・カプーアの Japanese Mirrors にも鮮明にみることができる.カプーアの今回の作品は,漆を材料にした覗けない漆黒の鏡である.金属でもプラスチックでもないその光沢は,独自のテクスチャーを構成する.光沢を帯びてぬめぬめとした,しかし掴むことのできないテクスチャーは,視覚的な刺激による触覚的刺激を引き越す作品である.(pp.203-204)


ひとつの運動のスタイルから別のスタイルへの変遷を因果的に捉えても理解できない.これは因果的というより,”the way thing go”(なりゆき)的なのである.しかし,実はそうした多重なアフォーダンス(可能な行為の束)こそ知覚の本質なんだということを論じた.(p.218)


つまり,ストーリーテリングにとってかわるテクスチャー重視型記述とは,因果よりも「つながり」に注目するということだ.時間発展の根底にあるのは,「横」の通常の時間発展である「どう展開したか」であると同時に,「縦」の仮想の時間発展である「つながりかたの可能性」の総体である.この縦と横はフッサールの現象学が基本とする縦と横の志向性にもつながり,能動性や自由意志を考えて行く上にますます考えなくてはならない二つの軸となる.(p.218)


池上高志『動きが生命をつくる』

--

視覚と触覚の二重記述.

重なる世界.

重なった領域が空集合だったら,そこをどのように埋め合わせるか.

それとも,どのようにして空集合のまま受け入れるか.

身体の態勢をどのように決定するのか.


このブログの人気の投稿

MASSAGE連載12_ディスプレイなきディスプレイ場/ラファエル・ローゼンダール《Shadow Objects》

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

スライド:映像文化 第4回|テレビ:同じ時間にみんなで見るから,共有の場へ

《ゴット・イズ・デット》が示すインターネットの「不穏さ」

カーソルについての講義のコメントに対するコメント

札幌国際芸術祭のメモ:松江泰治とラファエル・ローゼンダール

メモ:台風→情報の流れ→GIF→複合体としての主観

MASSAGE連載09_小林椋《盛るとのるソー》 ディスプレイを基点に映像とモノのあらたな「画面」状態をつくる

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】