Domenico QuarantaのIn Your Computerを読み終える


Domenico QuarantaIn Your Computerを読み終える.2000年代のネットアートの状況が書かれていた.最初のほうに「セカンドライフ」が出てきて時代を感じつつ読み進める.後半は,ペトラ・コートライトなどもでてきて「ポストインターネット」な感じ.そして,ネットアートの初期と現在のあいだの「ちがい」というのを感じられた.この「ちがい」は,あくまで僕個人のものでしかないものだが,現在の方がネットに対してよりナチュラルになったというか,大きな問題を提起していない感じがする.また,Quarantaは「ネットアート」という言い方にこだわっていて,「ポストインターネット」は何を言っているのかよく分からないのでダメという感じ.

「オリジナルとコピー」の問題を,ヴァルター・ベンヤミンとボリス・グロイスを使って論じているところは,とても参考になった.ただ問題意識が少し,僕とは違う感じで「見えないオリジナルが存在する場所」について書かれていた.ネットアートの「URL」がひとつのオリジナルの「場所」になるのではないだろうかというのが,Quarantaの見解.僕としてはグロイスの「オリジナルが見えない」ということを考えつつ,ディスプレイに見えているものの「パフォーマティブ」な感じを考えてみたい.Quarantaは「場所」を考え,僕はその場での「パフォーマンス」を考えたい.Quarantaも本のなかで結構な長さで「パフォーマンス」について論じており,このあたりを接続して考えみるといいのかもしれない.

Quarantaはペトラ・コートライトについて,「彼女の生活はTwitter,Facebook,Flickrで継続的に行われているオンライン・パフォーマンスである.彼女の作品はメディアについてではなくて,ペトラ・コートライトについてのものである」と書く.このような視点から考えると,彼女はまさに「選択的認識」を実践しているアーティストといえる.コートライトについて自分で考えたときは,全く分からなくて,次のように書いている.

私は「メディアの条件を問う」ような作品を考えることが好きなのだが,Petra が扱っているメディアが「インターネット」だとすると,「そこには『条件』なんてものはないですよー」とアッケラカンと示されているのが,Petraの 作品群のような感じがする.インターネットの「条件」を問うこと自体がナンセンスというか,「『デジタル特有のものは知的・美的に貧困』だとしたら,それでいいじゃないの!」みたいな感じだろうか. 
とにかくPetraの作品を見ていると「底が抜けている」感じがする.だから,私には「わからない」のだけれど,それはそれで「まあいいか!」という感じにもなる.それでも無理して考えると,ここでの「無理」というのはあくまでも私だけに当てはまることだが,ウェブカムの作品で,そこで使われている「効果」や「素材」が「カメラ」に付属してくるってどういうことなのだろうかということや,彼女はデジタル特有なものを「ピクセル」単位では求めなくて,もっと大きな枠組み求めているのかなーとか考えてしまう.「もっと大きな枠組み」とは何か,と問われても今はわからないけれど… ずっとわからないかもしれけど… なんか「知的ゲーム」ではない,もっと底抜けに陽気なインターネット・リアリティーとアートがそこにあるような気がする. 
Petra Cortright わからない まあいいか! 

過去に書いた自分のテキストをQuarantaと比較してみると,コートライトが「メディア」を問題しているのではないというところは一致している.私が「もっと大きな枠組み」と言っているところを,Quarantaは「ペトラ・コートライト自身」と簡潔に指摘している.確かに,自分のことを「Twitter,Facebook,Flickrで継続的に」表現していることは確かなのだが,その表現が成立する基盤として「選択的認識」があるのではないかということを,僕はこれから考えてみたい.つまり,「選択的認識」を大きな枠組みに設定できるかどうかを考えてみたいのである.

このブログの人気の投稿

水平の世界に存在する何かが,垂直の平面で特別に仕立てた「動物園」でヒトを覗き見る

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

紀要論文「クリーンな色面に重ねられたテクスチャが生み出すあらたなマテリアル」(追記:2017/09/07)

授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

MASSAGE連載09_小林椋《盛るとのるソー》 ディスプレイを基点に映像とモノのあらたな「画面」状態をつくる

Poi vol.2 featuring Tomoya WATANABE

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

ディスプレイと物理世界との重ね合わせと物理世界から外れたディスプレイ:「一枚の絵の力」の永田さんと山形さん

身体|カーソル|イメージ:カーソルによって切り替えられる世界

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性