胃がひっくり返る感覚

胃がひっくり返る感覚.
内側から,外側へ.
バーバラ・スタフォード『見えるようにすることの不確定性:表象から精神的表象へ』
Barbara Maria Stafford 'Picturing Uncertainty: From Representation to Mental Representation'
ダン・フラヴィンが取り上げられている.

Take Dan Flavin’s discovery of the dark corner, rarely used by other artists before him. By dint of pressing a single eight-foot fixture into that cavernous angle, or leaning fluorescent light into the triangular penumbra, or lacing it with chromatic grid, he reveals the inaccessible depths of the background while flooding the foreground to expose its unsuspected tunnel of color. (p.459)

The visual system, confusingly, is biased in favor of those emerges from its camouflage in the background ─ as the dark recesses of the white-cube gallery emerge when Flavin’s radiant light destroys the receding darkness, eroding the architectural frame to expose real space. (p.462)

「電気の光は地と図を溶解させる」という,マーシャル・マクルーハンの予言.
内と外もなくなり,すべてはなめらかになっていく.
なめらかな中で,自らの輪郭をそのなめらかさの中へ溶け込ませること.
内と外との表面としてのインタフェースではなく,
内と外とをなめらかに通じさせるインタフェース.
なめらかであるけれども,そこに入っていくことは,胃がひっくり返るようなヒリヒリする感じがするはず.
なめらかさとヒリヒリ感.

このブログの人気の投稿

「動詞から名詞へ,名詞から動詞へ」という感覚の切り替え

展覧会「ゴットを、信じる方法」のカタログへの寄稿

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

2046年の携帯電話と2007年のスマートフォンのあいだにある変化(1)

アンドレアス・グルスキー展を見て,谷口暁彦さんの習作《live-camera stitching》を思い出しました

Poi Vol.1 featuring Nukeme_PDF

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

スケッチパッドで描く、ふたつの手(1)

1960年代に起きた「描く」行為の変容と電気の光