Poi Vol.2 featuring Tomoya Watanabe_PDF

科研費「ポストインターネットにおける視聴覚表現の作者性にかんする批判的考察」研究グループは,2017年1月7日から29日にかけて,京都のARTZONEとともに開催した展覧会渡邉朋也個展「信頼と実績」を中心にして,渡邉さんを特集した「Poi Vol.2 featuring Tomoya Watanabe」を刊行しました.

渡邉さんを特集した科研費の報告書でもある「Poi Vol.2 featuring Tomoya Watanabe」を各所で配布してきましたが,より多くの人に届いてほしいためPDFの配布も行いたいと思います.下のタイトルのリンク先にあるPDFは,「A4横1枚あたり2頁+小冊子」という設定でプリントしてステープラーで綴じてもらうと,実際の冊子の雰囲気が味わえます.

よろしくお願いします😊

🗄🗄🗄🗄🗄

Poi Vol.2 featuring Tomoya Watanabe

目次

  • イントロダクション 松谷容作
  • 特集|渡邉朋也個展「信頼と実績」
    • 作品解説 渡邉朋也、きりとりめでる、水野勝仁
    • 落合のこと 渡邉朋也
    • 誠実さの誠実さ 砂山太一
    • 連鎖する出来事の流れの一部となり その全体をうまく動かすこと 秋庭史典
  • 論考|サイボーグの歌声 デジタル音楽をめぐる試論 秋吉康晴


編集責任:松谷容作
ゲスト:Nukeme
編集:秋吉康晴、田川莉那、増田展大、水野勝仁
協力:守屋友樹
デザイン:増田展大
発行:2017/09/25
印刷・製本:株式会社太洋堂
主催:科学研究費基盤研究(C) 「ポストインターネットにおける視聴覚表現の作者性にかんする批判的考察」
研究課題番号:15K02203 研究代表者:松谷容作(同志社女子大学)

このブログの人気の投稿

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

「薄さ」を与えられた平面:藤幡正樹の作品における平面の諸相

\風景+ を見ながらのメモ

MASSAGE連載01_サーフェイスから透かし見る👓👀🤳/サーフェイスからバルクとしての空間を透かし見る

メタファーと身体の関係

メモ_融けるデザインとexUI:渡邊恵太さん

Poi Vol.1 featuring Nukeme_PDF

建築夜楽校2018 シンポジウム「建築のインターフェイス」で使った資料と簡単な振り返り

『Art and the Internet』の作品リンク集

ゴットを信じる会《告白》について考えたことと,これからエキソニモとゴットのどちらを探るのだろうか?