上海スライド

上海の発表でのスライド(共同発表の水野担当部分).最初は原稿を読み上げるだけにしようと思ったのだけれど,時間オーバーだったのと,少しでも理解の助けになるようにとスライドを作成した.そうしたら,講義のようになってしまった.

スライドを作っていて思ったのは,Lionの「ミッション・コントロール」という機能では,カーソルが本当に自由に様々な世界を行き来できるということでした.

Nature|cursor|destruction

このブログの人気の投稿

メタファーと身体の関係

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

5層のレイヤー

“ニュー”メディアアートの現在地_ネット×アート_「ネットアート」の世界的な事例や系譜編

デスクトップ・メタファーと「ディスプレイ行為」 

1960年代に起きた「描く」行為の変容と電気の光

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

お仕事:ヒューマンインターフェースの歴史 :「よくわからない」から、身体で感じるコンピューターへ

映像から離れていっている