上海スライド

上海の発表でのスライド(共同発表の水野担当部分).最初は原稿を読み上げるだけにしようと思ったのだけれど,時間オーバーだったのと,少しでも理解の助けになるようにとスライドを作成した.そうしたら,講義のようになってしまった.

スライドを作っていて思ったのは,Lionの「ミッション・コントロール」という機能では,カーソルが本当に自由に様々な世界を行き来できるということでした.

Nature|cursor|destruction

このブログの人気の投稿

「フラットネスをかき混ぜる🌪(4)認知負荷ゲームとしてのエキソニモ「Sliced (series)」(1) ──《A destroyed computer mouse, sliced》を見る体験を記述する👀✍️」が公開されました

画面分割と認知に関するメモ

2046年の携帯電話と2007年のスマートフォンのあいだにある変化(2)

2046年の携帯電話と2007年のスマートフォンのあいだにある変化(1)

アレゴリーを創造するプログラムという言語的記号

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

電子的視覚表示装置が放つ明るすぎない光

2046年の携帯電話と2007年のスマートフォンのあいだにある変化(4)

「サブシンボリックな知能」と Doing with Images makes Symbols

お仕事:メディア芸術カレントコンテンツへの記事_16