スライド:映像文化 第6回|緑の映像:映像はどこまで合成されているか?

愛知淑徳大学 映像文化
第6回 緑の映像:映像はどこまで合成されているか?→スライド

参考資料
書籍
SOFTWARE TAKES COMMAND (book draft)
映像
マトリックス 特別版 [DVD]
マトリックス リビジテッド [DVD]
Final Cut の導入事例
ChromaKey
インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)

終えて
実写×アニメーション×CGの三すくみで「映像」を作っていくことに慣れていっているんだと思った.領域横断とかいう言葉ではなくて,分野を超えてでもなくて,ただ「映像」を作ることの中に,実写があり,アニメーションがあり,そしてCGがある.これが当たり前のようになってきているということを感じた.

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》

《ゴット・イズ・デット》が示すインターネットの「不穏さ」

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

授業ノート:ポストインターネット時代の芸術作品_ネット公開用

[インターネット アート これから]の「これから」を考えるためのメモ_03

儚いソーシャル麻婆豆腐

MASSAGE連載10_谷口暁彦《夜だけど日食》と《透明感》@「超・いま・ここ」/ ディスプレイを軸に畳み込まれ、重なり合う複数の空間

「ソーシャル麻婆豆腐」がつくるそこにある「空白」

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.