スライド:情報美学概論A 第2回|情報美学とは?

東京藝術大学 芸術情報センター:情報美学概論A
第2回:情報美学とは?→スライド

関連するメモ
ユーザ・インターフェイスとメディアアートのあいだを考えるために、帰省のバスの中で書いたメモ
5層のレイヤー

参考資料
人間はガジェットではない (ハヤカワ新書juice)
情報美学入門―基礎と応用
アートとコンピュータ―新しい美術の射程
アルゴリズムとしてのアート,山形浩生
Avant-garde as Software, Lev Manovich
New Media from Borges to HTML, Lev Manovich
思想としてのパソコン
エキソニモ×ドミニク・チェン「仮想世界のリアリティとは」
ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)
Interacting with an interface, or what happens when you switch on LG Chocolate., Lev Manovich
Criticism as an Approach to Interface Aesthetics, Olav W. Bertelsen, Søren Pold
写真とは何か?「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」
ホンマタカシB,平倉圭

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》

授業ノート:ポストインターネット時代の芸術作品_ネット公開用

[インターネット アート これから]の「これから」を考えるためのメモ_03

MASSAGE連載10_谷口暁彦《夜だけど日食》と《透明感》@「超・いま・ここ」/ ディスプレイを軸に畳み込まれ、重なり合う複数の空間

「薄さ」を与えられた平面:藤幡正樹の作品における平面の諸相

紀要論文 身体|複合体|四人称:ヒトとコンピュータとの関係に関する試論

写真家・小林健太さんとのトーク「ダーティーなGUI」のスライドとその後のメモ

ディスプレイと物理世界との重ね合わせと物理世界から外れたディスプレイ:「一枚の絵の力」の永田さんと山形さん

MASSAGE連載09_小林椋《盛るとのるソー》 ディスプレイを基点に映像とモノのあらたな「画面」状態をつくる