幻視?|動くカーソル|映像の一部













自分の手で動かしていないカーソルを見るときに,自分で動かしているような気分になるのかを実験.一番最後の映像は私がカーソルを動かしているのをキャプチャーしたもの.

また,当たり前だが,ここにある映像はすべて記録されたものだから,カーソルが動いているときには手も一緒に動いていた.カーソルを動かすために手が動いていたという事実.しかし,これらの映像が再生されるときには,見ている人の手は動いていない.でも,なんか動かしているような気分になる人もいるかもしれない.とくに,斜めの線を描いている映像なんかは,見ていると手がむず痒くなるかもしれない.私は少し,手がむずむずしました.幻肢?

そして,自分の映像に関しては,それを記録している時の手の動きを思い出してしまう.マウスではなくて,トラックパッドを使って,カーソルを動かしているとか.でも,他の映像と並べてみていると,自分とのつながりが弱くなるような気もする.少し自分の身体から切り離されたような感覚? でも,やはりつながっている.

これらの映像を見ながら,実際に自分の手をマウスなどを使って動かすと,映像のカーソルの動きには介入できないが,自分のコンピュータが制御しているカーソルがディスプレイ上で動く.映像のカーソルと自分が動かしているカーソルは,同じディスプレイ上にある.また,自分の手とはつながっていないが,映像上のカーソルも自分のコンピュータが映像の一部として制御している.自分で動かしているカーソルも,ディスプレイに映される映像の一部ではある.

このブログの人気の投稿

MASSAGE連載12_ディスプレイなきディスプレイ場/ラファエル・ローゼンダール《Shadow Objects》

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

札幌国際芸術祭のメモ:松江泰治とラファエル・ローゼンダール

MASSAGE連載09_小林椋《盛るとのるソー》 ディスプレイを基点に映像とモノのあらたな「画面」状態をつくる

カーソルについての講義のコメントに対するコメント

スライド:映像文化 第4回|テレビ:同じ時間にみんなで見るから,共有の場へ

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

《ゴット・イズ・デット》が示すインターネットの「不穏さ」

メモ:台風→情報の流れ→GIF→複合体としての主観