the new realm of tactility with the 'light-colour' entity and the smooth materiality

After seeing 'light-colour' for a long time, we just begin full-scale investigation for the new realm of tactility with the smooth materiality.
David Katz writes, メWhat has been touched is the true reality that leads to perception. [Emphasis in original] (Katz, 1989, p.240)
We re-train our body with the smooth materiality in order to touch and generate new reality of 'light-colour'.
Before, we touch something physical in order to feel the weight (in the flow of cause and effect).
Now, we touch something smooth in order to give the weight to the 'light-colour' entity (for making its smoothness in the information flow).
This demand us to believe our bodyユs weight and density in the 'light-colour' world.
And this belief creates new diverse bodily sensations in ヤDisplay Actsユ.

このブログの人気の投稿

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

ÉKRITS連載_GUIが折り重ねる「イメージの操作/シンボルの生成」 - インターフェイスを読む #3

「テクスチャーの裏側にあるかもしれない記憶」の進捗状況&シンポジウム再告知

授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

小林健太「自動車昆虫論/美とはなにか」のトーク:本当に美だと感じているものに近づくことができるのではないだろうか

「\風景=風景」あるいは「システム=風景」

GUI に生じる、緩やかではあるが途切れることのないイメージの相互関係

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

MASSAGE連載11_光/絵具で塗りつぶされたディスプレイ エキソニモ 《201704EOF》、《A Sunday afternoon》