CBCNETにテキストが載りました!

CBCNETにテキストが載りました!→『エキソニモの「猿へ」』を読み解く 〜 水野勝仁:《DesktopBAM》がミスると猿がキーキー叫ぶ

ずっと読んでいた媒体に自分のテキストが載るというのはうれしいものです! 力を抜いて書いていたら,あらぬ方向へ着地した感じなりました.でも,エキソニモが投げかけられた「猿へ」に対して,何かしらの応答ができているのではないかと思います.

上のテキストではコンピュータが「間違える」ということについて,三輪眞弘氏の逆シミュレーション音楽と絡めても書きたかったのですが,うまく書けなかったのでまた挑戦したいと思っています.

そして,
『エキソニモの「猿へ」』に関して,これで5本目のテキストになります.その他のテキストは以下になります.

メディア芸術カレントコンテンツに書いた展覧会全体のまとめ的なテキスト
アートユニット・エキソニモの個展「エキソニモの『猿へ』」が福岡で開催
上のテキストの告知→お仕事:メディア芸術カレントコンテンツへの記事_17 

自分のブログで「1999」「2005」「2009」と展覧会のセクションごとに書いた3つのテキスト
「エキソニモの『猿へ』」を見てきた(1):「1999」と全体の流れを考えてみた 
「エキソニモの『猿へ』」を見てきた(2):見えているからこそ,よりわからない 
「エキソニモの『猿へ』」を見てきた(3):あとはPCにまかせた 

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》

授業ノート:ポストインターネット時代の芸術作品_ネット公開用

[インターネット アート これから]の「これから」を考えるためのメモ_03

MASSAGE連載10_谷口暁彦《夜だけど日食》と《透明感》@「超・いま・ここ」/ ディスプレイを軸に畳み込まれ、重なり合う複数の空間

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

「Generated X [生成されたX]」の気配

紀要論文 身体|複合体|四人称:ヒトとコンピュータとの関係に関する試論

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

写真家・小林健太さんとのトーク「ダーティーなGUI」のスライドとその後のメモ