メモ:大きな 小さな 中ぐらいな

インターネットができました.
そこにはアレクサンダー・ギャロウェイが言うような水平(TCP/IP)・垂直(DNS)軸があり,とても自由でありながらも,確固とした秩序があるという状態でした.
それは新聞,映画,テレビなどと比べられるとても大きなメディアになり,研究が進みました.

自由なインターネットはそこを自在に流れる画像を求めました.
その結果として,GIFやJPEGが取り込まれていきました.

画像は自由に流れていましたが,その流れを秩序だてるような掲示板や,Tumblrなどの中くらいのメディア,「アーキテクチャ」と呼ばれるものが出来ました.
アーキテクチャはインターネットを構成し,GIFやJPEGなどがより多く流れいくようにしました.この部分は大きな注目を集め,その構造も研究されています.
−−
インターネットの自由さと秩序,水平・垂直軸とを考えてみると,画像形式は水平軸の自由な流れに属し,アーキテクチャと呼ばれるようなウェブサービスは垂直軸の秩序に属するのではないだろうか.

GIFやJPEGなどの画像形式をメディアとして捉え,それはとても小さなメディアであるが,その特質を考えることは行われてこなかったのではだろうか.ポスト・インターネット界隈の作家は,ここに注目しているような気がする.ここを考えても,結局は,インターネット,もしくはアーキテクチャの特質に取り込まれてしまうのかもしれない.けれど,やってみると,そこにはインターネットやアーキテクチャでは汲み取れない何かが残っているかもしれない.

インターネットやアーキテクチャがヒトに奉仕するように設計されているとすれば,GIFやJPEGなどはヒトに奉仕するアーキテクチャやインターネットに奉仕してることになると考えてみれば,そこにはやはり何か面白いことが残されているような気がする.

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》

授業ノート:ポストインターネット時代の芸術作品_ネット公開用

[インターネット アート これから]の「これから」を考えるためのメモ_03

MASSAGE連載10_谷口暁彦《夜だけど日食》と《透明感》@「超・いま・ここ」/ ディスプレイを軸に畳み込まれ、重なり合う複数の空間

「薄さ」を与えられた平面:藤幡正樹の作品における平面の諸相

紀要論文 身体|複合体|四人称:ヒトとコンピュータとの関係に関する試論

写真家・小林健太さんとのトーク「ダーティーなGUI」のスライドとその後のメモ

ディスプレイと物理世界との重ね合わせと物理世界から外れたディスプレイ:「一枚の絵の力」の永田さんと山形さん

MASSAGE連載09_小林椋《盛るとのるソー》 ディスプレイを基点に映像とモノのあらたな「画面」状態をつくる