[インターネット アート これから]の「これから」を考えるためのメモ_04

「[インターネット アート これから]の「これから」を考えるためのメモ_03」に対して,自分でツッコミを入れる→こちら

「《ゴット・イズ・デット》が示すインターネットの「不穏さ」」に対して,自分でツッコミを入れる→こちら

ツッコミを入れつつ,インターネットを「理念」ではなく「生活」レベルで改めて考えることが「ポスト・インターネット」なのではないかということを考えた.そして,今回の展示は「生活」レベルのなかでの「理念」の部分を扱っていたのかということも考えた.これは,トークのなかでドミニク・チェンさんが「モバゲーは扱わないのか」という問いで示していたこととも通じると思う(いや,「理念」というものではなく,扱う対象の違いというだけのような気もする).

ICCを作り上げてきた人たちは,インターネットを「理念」として考えてきた.けれど,それが当たり前になったときに,改めてネットを考えると「理念」とはズレた存在になっている.だから,「いや,違ったよねー」という感じで,頭を掻きながら,改めて考えてみようという感じで,インターネットを再び考えるという姿勢をもつこと.それはICCが行なってきたこれまでの展示,特に「電話網のなかの見えないミュージアム」と「アート.ビットコレクション」との対比が必要と感じた.と同時に,ICCで展示を行なっていること自体が再び「理念」になって,生活のなかのネット(モバゲーなど [ここで「など」と書いている時点でズレている])とはズレているということも,頭を掻きながら,「いやー,ズレているかもしれないねー」という感じで考えないといけない.

さらに,《ゴット・イズ・デット》の方で「ヒトにとってネットは本質的に何が起こるかわからない「不穏」な存在なのではないだろうか」というところに
とりあえず「今のところは」というべきか.いずれは,ある程度は予測できるという「現実」に近いものになる.
いや,ネットのほうがすべて「作り物」なのだから,より予測できるはずというか,今でもそうなのか,ということになるけれども,アトムにはアトムの,ビットにはビットの法則があるとすると,アトムに属しているヒトには,ビットの法則はわからないまま,少しづつ,それに従っていくしかないということかもしれない.
というコメントを書いているときに思い出して,脳内で参照していたのが,「ビット知らずと世間知らず - アンカテ」というテキストだった.ここにはファーストサーバ社のデータ消去に関連して,データを偏執狂的にバックアップするアダルトサーバ屋のことを書いてあって,

上記の「アダルトサーバー屋」さんのように,偏執的にバックアップにこだわる人がリアリストだ.ビットはビットの法則で動き、人間がそれに適応するしかないことをよくわかっている.
ビットの法則を内面化し,同期することが「ポスト・インターネット」を構成するひとつの要素と思いつつも,ここで考えが止まっている.「単体|群体」はどこに行ったのかと,考えが止まっている. 

考えが止まったので,別のメモをコピペしてみる.

tumblrとGIF
tumblr:フローとストックーリブログ
GIF:動画と静止画ーループ
同期ー回帰ーRT

tumblrのiOSアプリではGIFは[GIF]ボタンを押さないと動かない
→[再生]ボタンではない:動画との区別
[GIF]ボタンーオブジェクトとしてのGIF:[GIFボタン]を押しているときの質感を考える
勝手に再生ではない:インタラクションあり

このあたりにも「ビットの法則」を見ることができるのだろうか.

このブログの人気の投稿

水平の世界に存在する何かが,垂直の平面で特別に仕立てた「動物園」でヒトを覗き見る

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

紀要論文「クリーンな色面に重ねられたテクスチャが生み出すあらたなマテリアル」(追記:2017/09/07)

授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

MASSAGE連載09_小林椋《盛るとのるソー》 ディスプレイを基点に映像とモノのあらたな「画面」状態をつくる

Poi vol.2 featuring Tomoya WATANABE

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

ディスプレイと物理世界との重ね合わせと物理世界から外れたディスプレイ:「一枚の絵の力」の永田さんと山形さん

身体|カーソル|イメージ:カーソルによって切り替えられる世界

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性