レビュー「至る所にある美を探すために」を書きました

名古屋大学大学院文学研究科付属日本近現代文化研究センターが発行している「JunCture 超域的日本文化研究」の第3号に,秋庭史典さんの『あたらしい美学をつくる』についてのレビュー「至る所にある美を探すために」を書きました.

秋庭さんの『あたらしい美学をつくる』は,科学と共にある美のありかを見つけ出していく文字どおり「あたらしい美学」をつくっている本です.読んでいると,あたらしい何かが立ち上がってくる感じで,とてもワクワクします.そこで,このワクワク感を少しでも伝えたいと思い,私はこの本で書かれている方法を使って,Twitterのなかに「美」を探しだすことにしました.そして面白いことに,「Twitter」に「美」を探していくと,「集合論が多を統べる一を持ち込むとは考えない」という点で,しかもしれが「神抜き」で起こるというとこで,東浩紀さんの『一般意志2.0』と結びつきました.書評を書く前には思いもつかなかった「美」と「政治」を扱う2冊の本が結びついたのです.

興味がありましたら,『JunCture』は笠間書院を通して書店やネットで販売されておりますので,できれば購入して呼んで頂きたいのですが,個人としてはより多くの人に読んでもらいたいので,ドラフトをここ[グーグルドキュメント:誰でもコメント可能になっています]においておきます.ドラフトなので,『JunCture』に掲載されているものと若干異なります.もし引用される場合は,『JunCture』を参照ください.また,『JunCture』が手に入りづらい方はご連絡ください.

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》

《ゴット・イズ・デット》が示すインターネットの「不穏さ」

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

授業ノート:ポストインターネット時代の芸術作品_ネット公開用

[インターネット アート これから]の「これから」を考えるためのメモ_03

儚いソーシャル麻婆豆腐

MASSAGE連載10_谷口暁彦《夜だけど日食》と《透明感》@「超・いま・ここ」/ ディスプレイを軸に畳み込まれ、重なり合う複数の空間

「ソーシャル麻婆豆腐」がつくるそこにある「空白」

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.