世界からイメージを抽出するのではなく,世界にイメージを重ねていくこと / Not to be taken the image from the world, but to pile up the image on the world.



フィリップス・エレクトリック・タトゥーを体験している映像.コンセプト映像よりも普通のメディアアートな感じですが,こっちの方は見ていると何か手の甲がくすぐったい.プロジェクターで映像が手に映し出されているということを頭で理解していても,実際に手の甲に描かれていると体が感じでいるのかもしれない.低解像度の映像で見ているからかもしれないので,こういった作品は実際に体験してみないとなんとも言えないのですが,私たちの皮膚にもう一枚映像のスキンを重ねる,ただ重ねるのではなく密着させるようにするということはこれからいっぱい起こってくると思う.メディアアーティストの藤幡正樹さんが有機EL によって「印刷物のように物質化した(かのような)イメージを自由に扱えるようになるだろう」と言っているようなことがプロジェクターの投影も含めていろんなところで起きてくるのだと思う.世界からイメージを抽出するのではなく,世界にイメージを重ねていくこと.イメージを直接的に重ねられた身体は何を感じるのでしょうか.モノに触れたときの物質的な感じを,イメージにも感じるのでしょうか.ぴったりとイメージが皮膚に密着したら見ている自分は本当にくすぐったさを感じるのかもしれないけど,皮膚は何も感じないということも起こってくるのではないでしょうか.一度,身体がバラバラになるのかもしれませんし,実はもうすでに,マウスというプラスチックを触れながら,いろいろなイメージを見たり,クリックしているのだから,見ているものと触れているものの分離は起こっているのかもしれません.だとしたら,なぜそれを感じないかということも考えないといけないかもしれませんし,そんなことはまったく起こっていないのかもしれません.何も問題が出て来ていないので起こっていない可能性の方が高いのかもしれませんが,なんか私はここに違和感を感じているのです.

This moving image is an experience of Phillips Design Electric Tattoo. This is more like Media Art than Concept moving image. Watching it, I feel ticklish on my hand. I understand that the image is projected on the hand, however my body may feel that it is directly drawn on the skin. This image is very low resolution, so I must undergo this design work in order to what happens on the skin. But, I have to say that the image will be piled up on our skin and not just 'piled' but 'sticked fast' to our body in the near future. Fujihata Masaki, Media Artist, insists that "we can control the image which is (like) material as if the printings" due to the appearance of the organic electroluminescence(OEL) display. I think that not only OEL but also the projector technology will make the images change the material everywhere. We have taken the image from the world, however will pile up the image on the world. When this would happen, might we feel something material with the image? We "see" the image on the skin and feel ticklish because of seeing. At the same time, our skin may feel nothing. In the future, our body, five senses will be dismembered. Now, our body is becoming loose because we already have watch a lot of images with only touching the plastic mouse. Therefore, a relationship of seeing and touching becomes loose now. However, we can't feel this separation. We have to think why we can't feel that.

このブログの人気の投稿

MASSAGE連載12_ディスプレイなきディスプレイ場/ラファエル・ローゼンダール《Shadow Objects》

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

《ゴット・イズ・デット》が示すインターネットの「不穏さ」

スライド:映像文化 第4回|テレビ:同じ時間にみんなで見るから,共有の場へ

札幌国際芸術祭のメモ:松江泰治とラファエル・ローゼンダール

カーソルについての講義のコメントに対するコメント

MASSAGE連載09_小林椋《盛るとのるソー》 ディスプレイを基点に映像とモノのあらたな「画面」状態をつくる

メモ:台風→情報の流れ→GIF→複合体としての主観

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】