「フラットネスをかき混ぜる🌪(2)二次元平面と三次元空間とが現象として立ち上がらないパターンを示す「写真」🌫」が公開されました

写真評論を毎月発信していく「FOUR-D notes」で,「フラットネスをかき混ぜる🌪」という連載をやっています.2回目のタイトルは「二次元平面と三次元空間とが現象として立ち上がらないパターンを示す「写真」🌫」で,「ルーカス・ブレイロック」の写真をきっかけにして,二つのフラットネス:物質的フラットネスと現象的フラットネスについてのお話です.途中まで無料で,その先は有料となっています.


年末年始のお供に,どうかよろしくお願いします🙇‍♂️

このブログの人気の投稿

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

日本映像学会第48回大会で「インターフェイスにおけるデジタルオブジェクトの実在性」という発表をします🧐(追記:2022/06/06 発表資料の追加)

2046年の携帯電話と2007年のスマートフォンのあいだにある変化(1)

​​​多摩美 メ芸 卒制展「#00000000」「画像」トーク​🎤

デスクトップ・メタファーと「ディスプレイ行為」 

MASSAGE連載05_サーフェイスから透かし見る👓👀🤳/バルクと空白とがつくる練り物がサーフェイスからはみ出していく

日本映像学会関西支部第90回研究会での発表

artscape連載「メディアから考えるアートの残し方」の第1回でエキソニモにインタビューをしました

批評誌『ヱクリヲ9』に寄稿