《断末魔ウス》を考えるためのメモ

物質とデータのあいだ|データと映像のあいだ
破壊という行為が,カーソルを動かす.つまり,モノの破壊が,ディスプレイ上でイメージを指さす行為になっている.破壊と指さしの間には「プログラム」がある.
http://twitter.com/mmmmm_mmmmm/status/16934401344

破壊されるマウスは二通りの仕方で表象に変えられる.1.破壊されるマウスを撮影した映像.2.破壊されるマウスからコンピュータに入力されるデータ.
http://twitter.com/mmmmm_mmmmm/status/16934424255

データ中心主義
プログラムによるコントロール.コードを破壊すること.破壊されるマウスからデータを取り出し再生させることで,破壊という行為のコードを無視してしまう.
http://twitter.com/mmmmm_mmmmm/status/16934456001

このブログの人気の投稿

artscape連載「メディアから考えるアートの残し方」の第1回でエキソニモにインタビューをしました

伊藤計劃『ハーモニー』の中に出て来た「カーソル」

Poi Vol.1 featuring Nukeme_PDF

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

テクスチャを透してモデルを見てみると:ポストインターネットにおける2D−3D_発表メモ ver.3.35

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

MASSAGE連載01_サーフェイスから透かし見る👓👀🤳/サーフェイスからバルクとしての空間を透かし見る

【新版】UI GRAPHICS 成功事例と思想から学ぶ、これからのインターフェイスデザインとUX

ゴットを信じる会《告白》について考えたことと,これからエキソニモとゴットのどちらを探るのだろうか?

MASSAGE連載00_サーフェイスから透かし見る👓👀🤳/インターフェイスはいつからサーフェイスになるのか?