学会発表終了

日本映像学会での発表を終えた.そのスライドと帰りのバスの中でのツイート.


「これから」の映像も、「今」の映像も、考えられない。考えるためのツールをもたない。でも、どうにか食らいついて、考えていきたい。
http://twitter.com/mmmmm_mmmmm/status/15032319316

最初読んだときは、それほどすごいと思わなかったけれど、じわじわと北野圭介さんの『映像学序説』がじわじわと自分の中での重要度が上がってきている。
http://twitter.com/mmmmm_mmmmm/status/15032456050
→「今」と「これから」の映像を考えるためのツールを作ろうとしているところ.

《断末魔ウス》、噛めばカムほど味がでてくる。映像の「今」と「これから」が、ぎゅーとつまっていると、僕は強く思う。
http://twitter.com/mmmmm_mmmmm/status/15035904918

発表終わって,ふーっとひといき.今回も反応はなかった.誰も話しを聞いてくれないのは,自分にも責任がある.他人を振り向かせるような発表をしないと.
http://twitter.com/mmmmm_mmmmm/status/15043962651

このブログの人気の投稿

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

美術手帖(2017年9月号)にHouxu Que個展「S H I N E」のレビューを寄稿

サマーウォーズ:身体とアバターのデザイン(1)

「テクスチャーの裏側にあるかもしれない記憶」の進捗状況&シンポジウム再告知

授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

小林健太「自動車昆虫論/美とはなにか」のトーク:本当に美だと感じているものに近づくことができるのではないだろうか

「\風景=風景」あるいは「システム=風景」

ÉKRITS連載_GUIが折り重ねる「イメージの操作/シンボルの生成」 - インターフェイスを読む #3

GUI に生じる、緩やかではあるが途切れることのないイメージの相互関係