ハロー・ワールド展 トーク・シリーズためのメモ


12日に水戸芸術館で開催されている「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」展で,エキソニモのお二人,砂山さん,キュレーターの山峰さんとトークをしました.

エキソニモの新作を含め,いろいろと考えたいことはあるのですが,そこはゆっくりと考えることにして,ここにはトークのためにつくった自分のためのメモをおいておきます.

トークではあまり言及できませんでしたが,千房さんがCBCNETに書いたスマートフォンのスクリーンの位置に関するテキストから,自分と世界とスクリーンとの関係をエキソニモ作品ごとに考えています.

Hello world talk memo 

ここまで書いていて,エキソニモが今回展示した作品全てでディスプレイが2つ使われていたことも考えるべき問題なのだろうと思いました.

《キス、あるいは2つのモニタ》では,2つのディスプレイが重ね合わされている.
《I Randomly Love You/Hate you》《Live Stream》では,2つのディスプレイがパラレルに壁にかけられている.

キス、あるいは2つのモニタ

I Randomly Love You/Hate you
Live Stream



このブログの人気の投稿

授業ノート:あなたは,いったい何を見ているのか?

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

「薄さ」を与えられた平面:藤幡正樹の作品における平面の諸相

伊藤計劃『ハーモニー』の中に出て来た「カーソル」

東京大学大学院講義「建築設計学第3」:建築と「もの」の振り返り

胃がひっくり返る感覚

サマーウォーズ:身体とアバターのデザイン(1)

Poi Vol.2 featuring Tomoya Watanabe_PDF

アート部門 受賞者トーク:『アバターズ』の告知🗣とメモ✍️(追記へのリンクあり)

カーソルについての講義のコメントに対するコメント