Poi vol.1 featuring Nukeme


私が参加している科学研究費の研究グループ「ポストインターネットにおける視聴覚表現の作者性にかんする批判的考察」の年次報告書みたいなものとして「Poi vol.1 featuring Nukeme」を刊行しました.

目次は以下の通りです.


目次にもあるように,私は「破壊を引き伸ばし,デジタルデータと物理世界を干渉させてモアレをつくる」というヌケメ論を書いています.

ヌケメはデジタルデータと物理的モノとの重なり合いをクラックして,あらたな現象をつくろうとするのである.


ヌケメさんへのインタビューを含め,盛りだくさんの内容になっています.ご希望の方は,水野まで連絡をいただければお送りします.

[科学研究費基盤研究(C)「ポストインターネットにおける視聴覚表現の作者性にかんする批判的考察」研究課題番号:15K02203 研究代表者:松谷容作(同志社女子大学)]

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

メモ_herを見た直後の感想

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

お仕事:メディア芸術カレントコンテンツへの記事_16

授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

紀要論文「クリーンな色面に重ねられたテクスチャが生み出すあらたなマテリアル」(追記:2017/09/07)

「Generated X [生成されたX]」の気配

MASSAGE連載11_光/絵具で塗りつぶされたディスプレイ エキソニモ 《201704EOF》、《A Sunday afternoon》

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》