マジックマウスの「重さ」/ "Weight" of Magic Mouse



マジックマウスを触ってきた.最初の印象は,薄いなあ,ちょっと表面の滑りが悪いなあということでした.マウスは手でしっかり握って使うものだと思い込んでいるせいもあって,マジックマウスの薄さはとてもきになりました.でも,twitter をみていると,みなさんわりとすぐに慣れてしまうみたいです.Gizmode では,この薄さは人間工学というよりも航空工学と言われていますがどうなのでしょうか.個人的には,マジックマウスは手で「握る」というよりも手を「置く」という感じですね.手を置いて,指をその上で動かす.そこで重要なのは,マジックマウスの表面の材質になってくると思うのです.指をその上で自由に動かせるようなものになっていないといけない.ピカピカのプラスチックはつなぎ目がなくスムーズな見た目で期待を持たせます.が,MacBook のガラス製のトラックパッドに比べると,ちょっと指に引っかかる感じがします.これは薄さよりも気になりました.前にも書きましたが,マルチタッチジェスチャーで重要なのは,指の動きをスムーズにするような表面の滑らかさだと思うのです.情報ではなく物質に触れる指がさほどの引っかかりを感じずに動かせるような滑らかさ.それは,情報には重さとか物理的な摩擦がないだけに,とても重要だと思うのです.指を滑らかに動かせて,ディスプレイ上のイメージ,つまり情報がそれに吸い付くように動くことで,気持ちよさを感じる.この気持ちよさは,前に「吸い付きながらも滑りがよい」と書きましたが「重さ」を感じさせないということなのかもしれません.しかし,指の汗などでプラスチックとの間に引っかかりが生じてしまうと,そこに何か違和感が生じてしまう.また,ガラス製のトラックパッドという新たな滑らかさの基準を知った身体には,プラスチックの表面を指でなぞる自体にちょっとした引っかかりを感じてしまう.そうするとそこに「重さ」のようなものを感じる.この「重さ」は,物理的な重さというよりも筋肉の緊張というものかもしれません.ディスプレイ上のイメージを動かすためになんか身構えてしまうような感覚.アップルストアで少し使ってきただけの印象ですので,長時間使ってみての感覚を自分で感じるとともに,多くの人が示す感覚を収集して,マジックマウス及びこれから出てくるマルチタッチジェスチャー対応のマウスの意義を考えていきたい.

I tried Apple's Magic Mouse. My first impression is thin and sticky. I consider that we have to grab the mouse in order to use it, therefore I pay attention to the thinness of Magic Mouse. According to Twitter, however, many people don't care it or get used to the thinness of it. Gizmode says that "Compared to ergonomic mice, the Magic Mouse is really low and aerodynamic, which means it doesn't contour to your hand and doesn't give the sensation that the mouse is a part of your hand". In my personal view, I not 'grab' the Magic Mouse but put my hand on it when I use it. Put my hand on it and move my fingers on its surface. So, I think that the surface of Magic Mouse it very important because my fingers can freely move on it. The glossy plastic is looks so smooth that I expect it is nice for my fingers. However, it is stickier for my fingers than MacBook's glass trackpad. This stickiness more bothers me than the thinness of Magic Mouse. As I already wrote, I consider that it is important for the multi-touch gesture to be smooth on the surface for freely finger movement. The smoothness is that our fingers which touch not information but an object don't feel some holds because information doesn't have weight and physical friction. We feel good due to let our fingers freely move on the smooth physical surface at the same time that the image on the display, information moves with our fingers like sticking each other. Although I mentioned this good feeling as 'Smooth and sticky,' we feel that there my be no weight. If our finger sweat, we feel some frictions between the fingers and the plastic surface. This frictions make something strange for us. Moreover, we already know the new standard for the smoothness of glass trackpad, so we feel that the plastic surface is sticker than the glass. This stickiness makes us feel "weight". This "weight" may be not physical but the tension of our muscle. It is like standing ready for controlling the image on the display, in other words, information. This is just my first impression for Magic Mouse, the first multi-touch gesture mouse. Therefore, I have to use it for a long time and gather many user's comments to it in order to consider about the meaning of Magic Mouse and the multi-touch gesture mouse.

このブログの人気の投稿

MASSAGE連載12_ディスプレイなきディスプレイ場/ラファエル・ローゼンダール《Shadow Objects》

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

《ゴット・イズ・デット》が示すインターネットの「不穏さ」

スライド:映像文化 第4回|テレビ:同じ時間にみんなで見るから,共有の場へ

カーソルについての講義のコメントに対するコメント

札幌国際芸術祭のメモ:松江泰治とラファエル・ローゼンダール

メモ:台風→情報の流れ→GIF→複合体としての主観

MASSAGE連載09_小林椋《盛るとのるソー》 ディスプレイを基点に映像とモノのあらたな「画面」状態をつくる

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】