リレートーク「注ぐ/注がれる」で話しました

streaming heritage 2021 autumn ストリーミング・ヘリテージ|台地と海のあいだ

名古屋で開催されている「streaming heritage 2021 autumn ストリーミング・ヘリテージ|台地と海のあいだ」で行われた「リレートーク「注ぐ/注がれる」」に参加しました.

私は大学院に進学した2002年から2013年の11年間,名古屋で過ごしていて,このときに色々とあったなと思いながら話しました.メインは「MEDIASELECT2003」という研究会と展覧会から構成されるプロジェクトです.

また,自己紹介として,名古屋で行った研究の変遷ということで,卒論,修論,博論の話も少ししました.それらをまとめた資料です➡️ https://paper.dropbox.com/doc/--BWk0vwgemLBs5oeLnrHYHnsRAQ-GlUOzCq4OmXPQmuzBbre5

久しぶりの人に多く会えて,とても楽しい時間でした☺️

このブログの人気の投稿

児嶋啓多さんの展示会=作品集「Augmented Presentations」にテキスト「非意識を覗き込み,外界との誤差を含んだ仮想世界を見る」を寄稿

展覧会「ゴットを、信じる方法」のカタログへの寄稿

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

デジタル時代の物質性 あるいは 単にPhotoshopのブラシ あるいは 単にブラシ

2046年の携帯電話と2007年のスマートフォンのあいだにある変化(1)

『Art and the Internet』の作品リンク集

カーソルの「重さ」を考えるためのメモ

札幌国際芸術祭のメモ:松江泰治とラファエル・ローゼンダール

お仕事:ヒューマンインターフェースの歴史 :「よくわからない」から、身体で感じるコンピューターへ

デジタルな現象をそのまま扱うということは,モダニズム的な態度