『[クリティカル・ワード]メディア論──理論と歴史から〈いま〉が学べる』への寄稿


 門林岳史・増田展大編
クリティカル・ワード メディア論 理論と歴史から〈いま〉が学べる』の「触覚メディア」の項目を執筆しました.

キーワードは以下のようになっています.

タッチスクリーン,ハプティック、インターフェイス,グラフィカル・ユーザー・イン ターフェイス(GUI),ダグラス・エンゲルバート,アラン・ケイ,オブジェクト指 向プログラミング言語,スキューモーフィズム,マテリアルデザイン

キーワードからわかるように「インターフェイス」 について書きました.「インターフェイスが触覚メディアなのか❓」ということは,読んでみてください🙇‍♂️

MASSAGEの連載「サーフェイスから透かし見る👓👀🤳」でカバーイラストを提供してもらっているカワイハルナさんのイラストレーションが表紙になっていて,とてもいい感じです.

よろしくお願いします☺️

--

目次

はじめに 門林岳史・増田展大

第1部 理論編──メディア理論の現在

 1 身体 門林岳史・増田展大

 2 知能 原島大輔

 3 遊び/ゲーム 吉田寛

 4 ニューメディア/ソフトウェア 堀潤之

 5 アーカイヴ 大久保遼

 6 メディアエコロジー 門林岳史

 7 プラットフォーム 増田展大

 8 政治とメディア 清水知子

 9 資本とメディア 水嶋一憲

 10 ポストヒューマン 飯田麻結

第2部 系譜編──メディア思想の潮流

 1 フランクフルト学派 竹峰義和

 2 マクルーハンとトロント学派 門林岳史

 3 ドイツのメディア哲学 鈴木恒平

 4 カルチュラル・スタディーズとメディア論 毛利嘉孝

 5 ジェンダーとメディア 田中洋美

 6 ポストメディア 門林岳史

 7 アートとメディア 馬定延

第3部 歴史編──メディア考古学の実践

 1 複製メディア 増田展大

 2 出版メディア 門林岳史

 3 画像メディア 増田展大

 4 聴覚メディア 福田貴成

 5 音声メディア 秋吉康晴

 6 触覚メディア 水野勝仁

 7 没入メディア 岩城覚久

 8 憑依メディア 浜野志保

 9 ヴァナキュラー・メディア 前川修

 10 スクリーン・メディア 大久保遼

 11 インターネット・メディア 喜多千草

 12 モバイル・メディア 光岡寿郎

 13 観光メディア 佐藤守弘

 14 物流メディア 遠藤英樹

 15 通信メディア 飯田豊

 16 金融メディア 山本泰三

 17 軍事メディア 松谷容作

 18 司法メディア 橋本一径

このブログの人気の投稿

日本映像学会第47回大会で発表しました🧐

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

「サブシンボリックな知能」と Doing with Images makes Symbols

『はじめて学ぶ芸術の教科書 写真2 現代写真ー行為・イメージ・態度』への寄稿

画面分割と認知に関するメモ

メタファーと身体の関係

「グリッチワークショップ」を見学して考えたこと

1960年代に起きた「描く」行為の変容と電気の光

2046年の携帯電話と2007年のスマートフォンのあいだにある変化(1)

お仕事:ヒューマンインターフェースの歴史 :「よくわからない」から、身体で感じるコンピューターへ