MASSAGE連載01_ポストインターネットにおけるディスプレイ


MASSAGEでの連載「モノとディスプレイとの重なり」の第01回「ポストインターネットにおけるディスプレイ」が公開されました.

ポストインターネットにおけるディスプレイのあり方と渡邊恵太さんの『融けるデザイン』経由でディスプレイの外に拡がるアニミズムについて書いています.少し長いので時間のあるときに,読んでもらえたらうれしいです.

今回もタイトルイメージを谷口暁彦さんにつくってもらいました.ありがとうございます!

このブログの人気の投稿

胃がひっくり返る感覚

Poi Vol.1 featuring Nukeme_PDF

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

MASSAGE連載01_サーフェイスから透かし見る👓👀🤳/サーフェイスからバルクとしての空間を透かし見る

ゴットを信じる会《告白》について考えたことと,これからエキソニモとゴットのどちらを探るのだろうか?

ÉKRITSへの寄稿:絵文字😂😊😱は空白をつくり、スリル💦を生む

MASSAGE連載03_サーフェイスから透かし見る👓👀🤳/浮遊するバラバラのサーフェイスがつくるバルクがマテリアルを拡張する

『魂と体,脳』を読んだ

ペンからマウスへ:ヒトとコンピュータとの共進化

中途半端な存在|カーソル|コンピュータの身体性