MASSAGE連載02_「光の明滅」というディスプレイの原型的性質


MASSAGEでの連載「モノとディスプレイとの重なり」の第二回「「光の明滅」というディスプレイの原型的性質」が公開されました.

渡邉朋也さんの《画面のプロパティ》を,gnckさんのテキストを経由して考えつつ,たかくらかずきさんによってtoggetterにまとめられた「メディウム・スペシフィシティを巡って」を参照して,ディスプレイで光が明滅していることについて書きました.

今回のテキストは書き進めて,修正を重ねていくなかで,谷口暁彦さんが作成してくれたイメージのように,自分がディスプレイとともに荒野に投げ出された感じがあります.

次回もがんばります😊

このブログの人気の投稿

授業ノート:あなたは,いったい何を見ているのか?

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

「薄さ」を与えられた平面:藤幡正樹の作品における平面の諸相

伊藤計劃『ハーモニー』の中に出て来た「カーソル」

東京大学大学院講義「建築設計学第3」:建築と「もの」の振り返り

胃がひっくり返る感覚

サマーウォーズ:身体とアバターのデザイン(1)

Poi Vol.2 featuring Tomoya Watanabe_PDF

アート部門 受賞者トーク:『アバターズ』の告知🗣とメモ✍️(追記へのリンクあり)

カーソルについての講義のコメントに対するコメント