日本映像学会第41回大会で発表します.

日本映像学会第41回大会が2015年5月30日(土)・31日(日)に京都造形芸術大学で開催されます.そこで以下のような発表をする予定です.この時期は私事で忙しさ満載ですが,がんばっていきたいと思います!
−−
発表タイトル
画像とテクスチャー:ポストインターネットにおける2Dと3D

発表概要
グーグル・アースでアルゴリズムが適切に処理できずに地形が歪んで見えたり,橋が陥没してしまっていることがある.「テクスチャー・マッピング」という手法によって,2Dの画像が3Dモデルに貼り付けられているのだが,膨大な量のマッピングを自動的に行なっているグーグル・アースではこのマッピングが破綻することがある.ニューヨーク在住のアーティストClement Vallaはこのようなグーグル・アースのバグを集めた作品《Postcards from Google Earth》を発表するとともに,「The Universal Texture」というテキストで,グーグル・アースを含めた3D画像について「私たちは写真を通してテクスチャーを見ている」という指摘をした.マッピングには2D画像が用いられているので,テクスチャーも2D画像=写真であるはずだが,Vallaはその画像を「テクスチャー=質感」と呼ぶ.本発表はVallaのこのテキストを手がかりに,Valla,Jon Rafman,谷口暁彦の作品を考察し,ポストインターネットにおける2Dと3Dの関係を明らかにしていくものである.

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》

授業ノート:ポストインターネット時代の芸術作品_ネット公開用

[インターネット アート これから]の「これから」を考えるためのメモ_03

MASSAGE連載10_谷口暁彦《夜だけど日食》と《透明感》@「超・いま・ここ」/ ディスプレイを軸に畳み込まれ、重なり合う複数の空間

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

「Generated X [生成されたX]」の気配

紀要論文 身体|複合体|四人称:ヒトとコンピュータとの関係に関する試論

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

写真家・小林健太さんとのトーク「ダーティーなGUI」のスライドとその後のメモ