日本映像学会第41回大会で発表します.

日本映像学会第41回大会が2015年5月30日(土)・31日(日)に京都造形芸術大学で開催されます.そこで以下のような発表をする予定です.この時期は私事で忙しさ満載ですが,がんばっていきたいと思います!
−−
発表タイトル
画像とテクスチャー:ポストインターネットにおける2Dと3D

発表概要
グーグル・アースでアルゴリズムが適切に処理できずに地形が歪んで見えたり,橋が陥没してしまっていることがある.「テクスチャー・マッピング」という手法によって,2Dの画像が3Dモデルに貼り付けられているのだが,膨大な量のマッピングを自動的に行なっているグーグル・アースではこのマッピングが破綻することがある.ニューヨーク在住のアーティストClement Vallaはこのようなグーグル・アースのバグを集めた作品《Postcards from Google Earth》を発表するとともに,「The Universal Texture」というテキストで,グーグル・アースを含めた3D画像について「私たちは写真を通してテクスチャーを見ている」という指摘をした.マッピングには2D画像が用いられているので,テクスチャーも2D画像=写真であるはずだが,Vallaはその画像を「テクスチャー=質感」と呼ぶ.本発表はVallaのこのテキストを手がかりに,Valla,Jon Rafman,谷口暁彦の作品を考察し,ポストインターネットにおける2Dと3Dの関係を明らかにしていくものである.

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

ÉKRITS連載_スケッチパッドで「合生」される世界 - インターフェイスを読む #2

IAMASでの勉強会_「The Word "Remix" is Corny.」と言えるけど,実際どうなの?

ディスプレイと物理世界との重ね合わせと物理世界から外れたディスプレイ:「一枚の絵の力」の永田さんと山形さん

各世代の動きをとめてしまう「ベタさ」でしか「インターネットおじさん」を考えることができない

紀要論文「クリーンな色面に重ねられたテクスチャが生み出すあらたなマテリアル」

「動詞から名詞へ,名詞から動詞へ」という感覚の切り替え

ÉKRITS連載_最小化するヒトの行為とあらたな手 - インターフェイスを読む #1

身体|カーソル|イメージ:カーソルによって切り替えられる世界

研究者として以前より「自由になった」という感覚があります