フッサールが iphone に触ったら

フッサール現象学における感覚論の一考察:身体とヒュレーの現象学に向けて/稲垣諭

「今後の現象学の可能性」を探るという言葉.
運動性とともにある感覚としての「触感覚」.

iphone などにおける触ること「運動」と見ること「静止」
見ているものも,勝手に動く.
情報が,私たちとは関係しつつも,独自のプログラムで,別個に動くこと.

その時の「触感覚」と「見る」ことの関係.
動きと静止の関係.
動きと,その動きともに生じる動き,しかし,それは別個のプログラムによる動き.
同一の物理的因果のものではない,別個の動きを納得すること.
それを心地よいと思うこと.

フッサールが iphone に触ったら,何を思うのだろうか?

このブログの人気の投稿

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

「薄さ」を与えられた平面:藤幡正樹の作品における平面の諸相

東京大学大学院講義「建築設計学第3」:建築と「もの」の振り返り

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

ポスト・インターネットで途方にくれないためのメモ

メモ_融けるデザインとexUI:渡邊恵太さん

「動詞から名詞へ,名詞から動詞へ」という感覚の切り替え

MASSAGE連載01_サーフェイスから透かし見る👓👀🤳/サーフェイスからバルクとしての空間を透かし見る

お仕事:ヒューマンインターフェースの歴史 :「よくわからない」から、身体で感じるコンピューターへ

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》