建築夜楽校2018 シンポジウム「建築のインターフェイス」に参加します

10月2日に開催される建築夜楽校2018・シンポジウム「建築のインターフェイス」に参加します.モデレーターの平野利樹さんに声をかけてもらって,建築家の青木淳さんと美術家の谷口暁彦さんと話します.上の画像がシンポジウムに向けて,青木さんのルイヴィトン名古屋店と谷口さんの「滲み出る板」から一枚を壁紙に設定したもののスクリーンショットです.

「建築のインターフェイス」というタイトルなので,私はÉKRITSで連載した「インターフェイスを読む」から「デスクトップメタファー」から「マテリアルデザイン」までの流れを話して,可能であれば「Fluid Interfces」にも言及できればいいかなと考えています. 

シンポジウム「建築のインターフェイス」に向けて書いたnoteです.このあたりはディスカッションのときに活かせればと思っています.
ーー
青木淳・谷口暁彦・水野勝仁 モデレーター 平野利樹 
建築夜楽校2018 シンポジウム「建築のインターフェイス」 日本建築学会 建築文化週間 2018

2018年10月02日(火)

インターフェイスとは、一般的にはコンピュータのディスプレイなどを指しますが、より広い定義としては「異なる概念的領域がつながる接点部分を指す語」(実用日本語表現辞典)です。つまり、インターフェイスの問題を考えることは、近年2回の建築夜楽校で議論してきた「連続(接続)と切断」の問題を発展させることに繋がります。

建築におけるインターフェイスの問題は、建築の歴史上さまざまな形として顕れてきましたが、ここではポストモダニズム以降から現代までに着目し、建築家、美術家、研究者をお招きすることで、建築におけるインターフェイスのあり方を議論します。

日程
2018年10月2日(火)18時~20時30分(開場17時30分)
出演
青木淳(建築家、青木淳建築計画事務所)
谷口暁彦(美術家、多摩美術大学講師)
水野勝仁(インターフェイス研究者、甲南女子大学准教授)
モデレーター:平野利樹(建築家、東京大学助教)
(敬称略)
料金:無料
定員:300名
主催:日本建築学会
会場:建築会館ホール東京都港区芝5-26-20
JR山手線・京浜東北線田町駅(三田口)より徒歩3分
都営地下鉄浅草線・三田線三田駅(A3出口)より徒歩3分

このブログの人気の投稿

アレゴリーを創造するプログラムという言語的記号

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

Poi Vol.1 featuring Nukeme_PDF

批評誌『ヱクリヲ9』に寄稿

画面分割と認知に関するメモ

MASSAGE連載01_サーフェイスから透かし見る👓👀🤳/サーフェイスからバルクとしての空間を透かし見る

メモ:「貧しい画像」はもうない

ゴットを信じる会《告白》について考えたことと,これからエキソニモとゴットのどちらを探るのだろうか?

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.