授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用



甲南女子大学文学部メディア表現学科2年生必修授業の「メディア表現発展演習Ⅰ」の授業ノートです.前半のAグループは「ポストインターネット時代の芸術作品」というテーマで授業をしました.Bグループは「ディスプレイ時代の芸術作品」をテーマにして,MASSAGEでの連載「モノとディスプレイとの重なり」を再読しながら,授業を組み立てていきました.

ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

授業ノートをネットで共有するためにレポート課題や連絡事項,及び,学生の名前を削除してあります.学生さんのコメントも読みどころだと思います.

このブログの人気の投稿

アート部門 受賞者トーク:『アバターズ』の告知🗣とメモ✍️

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

MASSAGE連載02_サーフェイスから透かし見る👓👀🤳/3DCGを切り取る「型」としてのバルクとサーフェイス

\風景+ を見ながらのメモ

「薄さ」を与えられた平面:藤幡正樹の作品における平面の諸相

メモ_融けるデザインとexUI:渡邊恵太さん

紀要論文「ポストインターネットにおいて,否応なしに重なり合っていく世界」

VRトーク&ワークショップイベント「没入の宴 〜”俺の嫁”から”嫁が俺”へ〜」でのトークの告知💬とメモ✍️

ゴットを信じる会《告白》について考えたことと,これからエキソニモとゴットのどちらを探るのだろうか?