美術手帖(2017年9月号)にHouxo Que個展「S H I N E」のレビューを寄稿


美術手帖(2017年9月号)に,京都のARTZONEで開催されたHouxo Que個展「S H I N E」のレビュー「凹凸のない光の基底面」を書きました.Queさんの作品を継続的に見てきて,今回はじめてあらわれた「光の色面の重なり」やディスプレイに表示された「文字」について書いています✨

レビューのお供にこちらのテキストもお読みいただけるとうれしいです😊

このブログの人気の投稿

アート部門 受賞者トーク:『アバターズ』の告知🗣とメモ✍️

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

\風景+ を見ながらのメモ

「薄さ」を与えられた平面:藤幡正樹の作品における平面の諸相

メモ_融けるデザインとexUI:渡邊恵太さん

紀要論文「ポストインターネットにおいて,否応なしに重なり合っていく世界」

ゴットを信じる会《告白》について考えたことと,これからエキソニモとゴットのどちらを探るのだろうか?

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

小林健太「自動車昆虫論/美とはなにか」のトーク:本当に美だと感じているものに近づくことができるのではないだろうか