美術手帖(2017年9月号)にHouxo Que個展「S H I N E」のレビューを寄稿


美術手帖(2017年9月号)に,京都のARTZONEで開催されたHouxo Que個展「S H I N E」のレビュー「凹凸のない光の基底面」を書きました.Queさんの作品を継続的に見てきて,今回はじめてあらわれた「光の色面の重なり」やディスプレイに表示された「文字」について書いています✨

レビューのお供にこちらのテキストもお読みいただけるとうれしいです😊

このブログの人気の投稿

Poi vol.1 featuring Nukeme

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

紀要論文「クリーンな色面に重ねられたテクスチャが生み出すあらたなマテリアル」(追記:2017/09/07)

Poi Vol.1 featuring Nukeme_PDF

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

小林健太「自動車昆虫論/美とはなにか」のトーク:本当に美だと感じているものに近づくことができるのではないだろうか

「動詞から名詞へ,名詞から動詞へ」という感覚の切り替え

授業ノート:ポストインターネット時代の芸術作品_ネット公開用

カーソルについての講義のコメントに対するコメント