MASSAGE連載07_水平に置かれたディスプレイが物理世界のルールを上書きする───永田康祐《Translation #1》について


MASSAGEでの連載「モノとディスプレイとの重なり」の第7回「水平に置かれたディスプレイが物理世界のルールを上書きする───永田康祐《Translation #1》について」が公開されました.iPhoneの上に🐸が乗っています.このことは本文と関係があります.

今回考察した永田さんの作品にはいつもクリーンさを感じていて,いつかGoogleマテリアルデザインと対比してみたいと考えていました.なので,永田さんの作品をインターフェイスのデザインに引きつけて書いています.

引き続き,よろしくお願いします😊😊😊

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

メモ_herを見た直後の感想

Poi vol.1 featuring Nukeme

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

お仕事:メディア芸術カレントコンテンツへの記事_16

授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

紀要論文「クリーンな色面に重ねられたテクスチャが生み出すあらたなマテリアル」(追記:2017/09/07)

「Generated X [生成されたX]」の気配

MASSAGE連載11_光/絵具で塗りつぶされたディスプレイ エキソニモ 《201704EOF》、《A Sunday afternoon》

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》