MASSAGE連載07_水平に置かれたディスプレイが物理世界のルールを上書きする───永田康祐《Translation #1》について


MASSAGEでの連載「モノとディスプレイとの重なり」の第7回「水平に置かれたディスプレイが物理世界のルールを上書きする───永田康祐《Translation #1》について」が公開されました.iPhoneの上に🐸が乗っています.このことは本文と関係があります.

今回考察した永田さんの作品にはいつもクリーンさを感じていて,いつかGoogleマテリアルデザインと対比してみたいと考えていました.なので,永田さんの作品をインターフェイスのデザインに引きつけて書いています.

引き続き,よろしくお願いします😊😊😊

このブログの人気の投稿

アレゴリーを創造するプログラムという言語的記号

Poi Vol.1 featuring Nukeme_PDF

批評誌『ヱクリヲ9』に寄稿

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

MASSAGE連載01_サーフェイスから透かし見る👓👀🤳/サーフェイスからバルクとしての空間を透かし見る

ゴットを信じる会《告白》について考えたことと,これからエキソニモとゴットのどちらを探るのだろうか?

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

メモ_融けるデザインとexUI:渡邊恵太さん

メタファーと身体の関係