MASSAGE連載07_水平に置かれたディスプレイが物理世界のルールを上書きする───永田康祐《Translation #1》について


MASSAGEでの連載「モノとディスプレイとの重なり」の第7回「水平に置かれたディスプレイが物理世界のルールを上書きする───永田康祐《Translation #1》について」が公開されました.iPhoneの上に🐸が乗っています.このことは本文と関係があります.

今回考察した永田さんの作品にはいつもクリーンさを感じていて,いつかGoogleマテリアルデザインと対比してみたいと考えていました.なので,永田さんの作品をインターフェイスのデザインに引きつけて書いています.

引き続き,よろしくお願いします😊😊😊

このブログの人気の投稿

MASSAGE連載02_サーフェイスから透かし見る👓👀🤳/3DCGを切り取る「型」としてのバルクとサーフェイス

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

「薄さ」を与えられた平面:藤幡正樹の作品における平面の諸相

アート部門 受賞者トーク:『アバターズ』の告知🗣とメモ✍️(追記へのリンクあり)

\風景+ を見ながらのメモ

THE COPY TRAVELERSとのトークのメモ

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

VRトーク&ワークショップイベント「没入の宴 〜”俺の嫁”から”嫁が俺”へ〜」でのトークの告知💬とメモ✍️

ポスト・インターネットのなかに「幸村真佐男」を置いてみる

紀要論文「ポストインターネットにおいて,否応なしに重なり合っていく世界」