MASSAGE連載01_ポストインターネットにおけるディスプレイ


MASSAGEでの連載「モノとディスプレイとの重なり」の第01回「ポストインターネットにおけるディスプレイ」が公開されました.

ポストインターネットにおけるディスプレイのあり方と渡邊恵太さんの『融けるデザイン』経由でディスプレイの外に拡がるアニミズムについて書いています.少し長いので時間のあるときに,読んでもらえたらうれしいです.

今回もタイトルイメージを谷口暁彦さんにつくってもらいました.ありがとうございます!

このブログの人気の投稿

artscape_イメージ主導で生まれるあたらしいオブジェクト ──ポスト・インターネット以降のイメージの流通から考える

「インターネットの物質性」を捉えるためのパースペクティブ?

ÉKRITS連載_場に顕れるソフトウェア、隠れるオブジェクト - インターフェイスを読む #5

紀要論文「クリーンな色面に重ねられたテクスチャが生み出すあらたなマテリアル」(追記:2017/09/07)

GUI の確立にみる「ディスプレイ行為」の形成過程

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

ÉKRITS連載_インターフェイスからサーフェイスへ — スキューモーフィズム再考 - インターフェイスを読む #4

Poi Vol.1 featuring Nukeme_PDF

「動詞から名詞へ,名詞から動詞へ」という感覚の切り替え

身体|カーソル|イメージ:カーソルによって切り替えられる世界