告知:ヌケメさんの個展「Old School」と講演会「OS/テクスチャ/グリッチ」



同志社女子大学のmscギャラリーでヌケメさんの個展「Old School」が開催されます.私は科研費「ポストインターネットにおける視聴覚表現の作者性にかんする批判的考察」研究グループのメンバーとして企画からこの展示に関わっています.

会期
2015年11月30日(月)ー 12月21日(月)
開館時間
9:00〜20:00
入 館=閉館の15分前まで
入場無料
土日休廊
会場
同志社女子大学 mscギャラリー
(京田辺キャンパス知徳館6号棟1階C163)
主催
同志社女子大学情報メディア学科
企画
科研費「ポストインターネットにおける視聴覚表現の作者性にかんする批判的考察」研究グループ
助成
本研究はJSPS科研費15K02203「ポストインターネットにおける視聴覚表現の作者性にかんする批判的考察」の助成を受けたものです。
お問い合わせ
同志社女子大学 学芸学部 情報メディア学科事務室
TEL: 0774-65-8635

そして,個展期間中に開催されるヌケメさんの講演会「OS/テクスチャ/グリッチ」でヌケメさんといっしょに話します.司会は同志社女子大学情報メディア学科のまつたによグリッチ刺繍から木彫りの作品を「テクスチャ」という観点から考えてみて,ヌケメさんに話をふってみようかなと思いつつ,これからリサーチします.

開催日時
2015年12月11日(金)16:45‒18:15
会場
同志社女子大学 京田辺キャンパス C131(知徳館3号棟1F)
対象
同志社女子大学 在学生・一般 入場無料
主催
同志社女子大学情報メディア学科
お問い合わせ
同志社女子大学 学芸学部 情報メディア学科事務室
TEL: 0774-65-8635

同志社女子大学情報メディア学科で甲南女子大学メディア表現学科の教員が話している場合ですかー,という感じですが,がんばります.

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

小林健太「自動車昆虫論/美とはなにか」のトーク:本当に美だと感じているものに近づくことができるのではないだろうか

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

メモ:須賀悠介の《Empty window》を見て

サマーウォーズ:身体とアバターのデザイン(1)

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》

告知:SOBOでucnvさんとトークします

MASSAGE連載11_光/絵具で塗りつぶされたディスプレイ エキソニモ 《201704EOF》、《A Sunday afternoon》

メタファーと身体の関係

「スピリチュアルからこんにちは」にこんにちは