SOBOギャラリートークで使うかもしれないリンク集

視点
Aram Bartholl
http://www.datenform.de
http://www.datenform.de/point-of-view.html

モデルとテクスチャ
Jon Rafman
http://jonrafman.com
http://theheadquarters.org/Ionline.htm
>モデルを覆うテクスチャとなって,作品が「装飾」になる

Clement Valla
http://clementvalla.com
http://clementvalla.com/work/tex-archive/

地図
「未知の風景」を描く地図:「The Amazing iOS6 Maps」と《9-Eyes》
人類は多大な労力をかけて世界を測量して地図を描き,世界から未知の領域を失くしてきた.だが,アップルの地図やグーグル・ストリートビューはこれを反転させてしまった.地図にだけ「未知の風景」を生み出したのである.いや,そもそも地図には建物や遠路などの「記述」はあっても「風景」はなかったはずである.しかし,地図が画像とデータ上で組み合わされ,そこに「風景」が出現しているのである.つまり,アップルとグーグルによる「地図」は新しい機能を実装していくなかで,未踏の地を自ら作り出し,自ら測量しているといえる.これからも,この2つのテクノロジー企業がデータと現実との接点に「未知の風景」を描いていくことに期待したい.

2D-3Dのあいだで宙に浮く感じ
Joe Hamilton
http://www.joehamilton.info
http://indirect.flights

Artie Vierkant
http://artievierkant.com
http://artievierkant.com/imageobjects.php

Lucas Blalock
http://www.lucasblalock.com
lucas blalock

谷口暁彦
http://okikata.org
http://okikata.org/☃/shimideruita/

THE COPY TRAVELERS by THE COPY TRAVELERS
http://www.nadiff.com/gallery/thecopytravelers.html

>これらの宙に浮く感じを「ネットっぽい」「Tumblrっぽい」という言葉で括ってしまってはいけないような気がする.

Charlotte CottonはArtieやLucasの画像に「写真」の未来を見る
I look at the work of photographers such as Artie Vierkant and Kate Steciw, as well as that of Asha Schechter and Lucas Blalock, for instance, and get a mighty rush of excitement about photography’s bright new future. 
Nine Years, A Million Conceptual Miles – By Charlotte Cotton
デジタル/コンピュータの現象のサンプルと記述
ucnvさんのアーティストトークとともに考えた「サンプル」と「顕在化」 

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

ÉKRITS連載_スケッチパッドで「合生」される世界 - インターフェイスを読む #2

MASSAGE連載02_「光の明滅」というディスプレイの原型的性質

IAMASでの勉強会_「The Word "Remix" is Corny.」と言えるけど,実際どうなの?

紀要論文「クリーンな色面に重ねられたテクスチャが生み出すあらたなマテリアル」

「動詞から名詞へ,名詞から動詞へ」という感覚の切り替え

ディスプレイと物理世界との重ね合わせと物理世界から外れたディスプレイ:「一枚の絵の力」の永田さんと山形さん

ÉKRITS連載_最小化するヒトの行為とあらたな手 - インターフェイスを読む #1

「Generated X [生成されたX]」の気配

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.