iPhoneがないと自分の機能が8割減くらいになってしまう

iPhoneを忘れて,大阪へ.iPhoneに今日の予定のすべてを入れていたから,iPhoneがないとわかった瞬間,家に引き返そうと思ったけれど,もう電車に乗っていたし,ゴダールの映画「さらば、愛の言葉よ」に間に合わないので,そのまま大阪へ.ゴダールの映画がやっている「シネ・リーブル梅田」は大阪駅の地図でビルの場所を確認して行けた!

そのあと,グループ展「OBJECTS IN MIRROR ARE CLOSER THAN THEY APPEAR」を見ようと思っていたのだけれど,展示をやっているスペースの名前がわからない.「the three konohana」という名前だったのだけれど,全く思い出せなかった.とりあえず最寄りの駅の「千鳥橋駅」に向かう.住所に「梅香町」とあったような気がしたので,その町名をたよりに歩く.「2丁目」だったような気がするので,そのあたり歩く.でも,ない.そりゃそうです,家に帰って確かめたら「1丁目」だったのですから.しかも,地図をよく見ておけば,確実に行けそうなところにあったのに.

雨のなか知らない町を彷徨いました.疲れ果てました.もう帰ろうと昼飯を食べているときに,「雑誌に展覧会のことが書いてあるかも?」と思い,コンビニにいったけれど,今って「ぴあ」のような情報誌がないから,どの雑誌を読めばいいのかわからない.そこで諦めました.雨もひどかったので,服屋には行かずに帰りました.行ったとしても,きっと辿りつけなかったでしょう.

iPhoneに必要な情報を入れ込んでいるから,iPhoneがないと自分の機能が8割減くらいになってしまう.iPhoneがないならないで,人に聞くとかすればいいのに,そういった能力も衰えてしまっている.iPhoneがあるから住所とかの地図を予め見ていても記憶に残っていない.あらゆることをiPhoneに頼っていることが判明した半日だった.

じゃ,明日からiPhoneなしでも行けるようにするかというと多分しない.iPhoneを忘れないようにするくらいじゃないかな.そんなもんだと思う.自分の脳力はもう既にiPhone込みがデフォルトになっていて,今日のiPhone忘れは風邪を引いて能力が低下したようなものなんだと思います.

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

小林健太「自動車昆虫論/美とはなにか」のトーク:本当に美だと感じているものに近づくことができるのではないだろうか

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》

告知:SOBOでucnvさんとトークします

メモ:須賀悠介の《Empty window》を見て

授業ノート:ポストインターネット時代の芸術作品_ネット公開用

MASSAGE連載11_光/絵具で塗りつぶされたディスプレイ エキソニモ 《201704EOF》、《A Sunday afternoon》

カーソルと分身

「Generated X [生成されたX]」の気配