告知:「日本のグラフィックデザイン2014」 トークイベント

7月28日(月)に「日本のグラフィックデザイン2014」 トークイベントで話します.何を話そうか今考ているのですが,アーティ・ヴィアーカントの「イメージ・オブジェクト」のアイデアと企業のロゴを用いた2014年の展示[下の動画が展覧会の予告です]を中心にこれまでの展示を紹介しようかなと思っています.

お時間がある方は,是非聞きに来てください!



トークの詳細
トーク1「インターネット以降のグラフィックデザイン」
インターネットが一般化し、あらゆる情報が瞬時にして共有される現在、グラフィックデザインのあり方はどのように変化してきているのか。興味深い事例を紹介しながら、グラフィックデザインとデジタルメディアの接点について、研究者の水野勝仁氏と、グラフィックデザイナーの双方からアプローチしていきます。

日時:2014年7月28日(月)19:00-20:30(受付:18:30)
場所:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター (東京ミッドタウン・デザインハブ内)
ゲスト:水野勝仁(インターフェイス、メディアアート研究者)、田中義久(JAGDA会員)、菊地敦己(JAGDA年鑑委員)、田中良治(JAGDA年鑑委員)
参加費:1,000円(1ドリンク付)
*JAGDA会員・フレンドメンバーは無料(賛助会員は1社につき2名まで)
*原則的に、事前クレジット払いでの受付となります。
定員:100名(それ以上は立見の可能性あり)

東京ミッドタウン・デザインハブ : http://designhub.jp/
展覧会「日本のグラフィックデザイン2014」ページ :http://designhub.jp/exhibitions/1111/
本イベント詳細ページ : http://designhub.jp/events/1155/

このブログの人気の投稿

水平の世界に存在する何かが,垂直の平面で特別に仕立てた「動物園」でヒトを覗き見る

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

紀要論文「クリーンな色面に重ねられたテクスチャが生み出すあらたなマテリアル」(追記:2017/09/07)

授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

MASSAGE連載09_小林椋《盛るとのるソー》 ディスプレイを基点に映像とモノのあらたな「画面」状態をつくる

Poi vol.2 featuring Tomoya WATANABE

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

ディスプレイと物理世界との重ね合わせと物理世界から外れたディスプレイ:「一枚の絵の力」の永田さんと山形さん

身体|カーソル|イメージ:カーソルによって切り替えられる世界

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性