「指を置く」展のギャラリートークのスライドと資料

大阪のdddギャラリーで開催中の「指を置く」展で齋藤達也さんと「コンピュータにとっての『指を置く』」というタイトルのトークをしました.

スライドをつくっているなかで「スピリチュアリティ」という言葉がでてきて,その言葉に引っぱられて大分「あやしい」感じの発表になっています.でも,結構本気でもあります.

発表を聞いていただいた来場者の皆さん,的確なツッコミをしてくれた齋藤達也さん,そしてdddギャラリーの皆さん,本当にありがとうございました.

以下が発表の資料です.

スライド
コンピュータにとっての「指を置く」

資料

Bret Victor, A Brief Rant on the Future of Interaction Design, 2011
iPhone Presentation macworld 1/5 日本語字幕 スティーブ・ジョブズ_05m20s

作品
エキソニモ
《断末魔ウス》2007

《gotexists.com》2009

Rafaël Rsemdaal

《on and off .org》2003
《invisible cursor .com》2008
《out in the wind .com》2009
-
今回の発表に関連する以前のテキスト
「INFOspirit」という大きな構造体のなかで「神」が顕現する条件
見ているモノが触れているモノか?_pdf

このブログの人気の投稿

アート部門 受賞者トーク:『アバターズ』の告知🗣とメモ✍️

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

\風景+ を見ながらのメモ

「薄さ」を与えられた平面:藤幡正樹の作品における平面の諸相

メモ_融けるデザインとexUI:渡邊恵太さん

紀要論文「ポストインターネットにおいて,否応なしに重なり合っていく世界」

ゴットを信じる会《告白》について考えたことと,これからエキソニモとゴットのどちらを探るのだろうか?

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

小林健太「自動車昆虫論/美とはなにか」のトーク:本当に美だと感じているものに近づくことができるのではないだろうか