インターネットヤミ市2で手に入れたものたち!!

インターネットヤミ市2に参加して「査読コメントつき査読落ち論文」と「touch-touch-touch tag:エキソニモ」と「読み終えたPDFのデータ」と「女子大生のインターネット雑談の音声データ」を売ってきました.どれもまあまあ売れました.「まあまあ」と書いていますが,もともと「売れる」ものではないものが売れていくのはおもしろいことです.そして,売り買いするときのちょっとした言葉のやりとりがおもしろいのでいいです.




今回のヤミ市で手に入れたものたち.cookedさんの青焼きポスター.エキソニモの千房さんの顔に「音量調整」の画像が入っているのがよかったので即買い.ポスターをリュックに挿して名古屋に帰るさいに徐々に紙が凹んだりしていくのがフィジカルだなと.今は下の写真のような状態です.


チバガクさんのカッコイイ作品も買いました.普段はTumblrのダッシュボード上でチバガクさんの作品を見ているので「上から下へ」という流れで1枚1枚見ているわけですが,今回は複数の作品が乱雑に平面に置かれているので,作品の一部は重ねっているし,自分で勝手に選り分けることができたりするわけです.フィジカルな状態でのモノとして作品を扱っているという感覚とフィジカルな風景をイメージにしてそれを乱雑に操作することでそこにフィジカル感を示しているようにみえるチバガクさんの作品の印象とがミックスされて,なんとも言えない不思議な感じでひとつの作品を選んでそれを購入して自分のものにするのが面白かった.


他に手に入れたものは.セミトラの柴田さんが売っていた「土地」.「土地を売る」ってなんだろうと思ったけれども,柴田さんのブースにいくとパソコンがあってそこに「住所」を打ち込むと「http://diary.yusukeshibata.jp/」と書かれた紙(下の画像の左上)を渡されて,その「住所」でアドレスにアクセスすると柴田さんの日記が読めるというものでした.柴田さんの日記が掲載されているネットの「土地」へアクセスできる権利と自分が書いた住所が示す「土地」のふたつを組み合わせて買った感じがします.いや,自分が書いた「住所」は「買った」というよりも「ネットの土地」と引き換えたというか,アクセスのための「キー」として登録したという感じかもしれないです.「土地」という言葉が使われているから,よくわからなくなっています.


その他には「仕込みiPhone」ほかで有名な森翔太さんの「お札」をもらい,喘ぐ大根のセクハラインターフェイスをつくった市原えつこさんの「セクハラ・インターフェイス論文」,多田ひと美さん,飯沢未央さん,山本悠さんのプロジェクト「タダ飯を山で食う」のブースで売られていた「おにぎり」,アニメーション作家の沼田友さんの作品DVDを買いました.あと,「インターネットのおいしい水」も買いました!

「インターネットのおいしい水」でインターネットヤミ市2に乾杯!


一番大きな買い物を忘れていました.アーティストの谷口暁彦さんから「無修正◯口画像.jpg(バイナリ)」を買いました! まだ「無修正◯口画像」を拝んでいませんが,テキストを眺めつつ,その画像が念写できるようになりたいとともに,この作品について考えたい!


このブログの人気の投稿

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

美術手帖(2017年9月号)にHouxo Que個展「S H I N E」のレビューを寄稿

新視覚芸術研究会第4回シンポジウム「デジタル時代の次元の折り重なり」の個人的振り返り

サマーウォーズ:身体とアバターのデザイン(1)

「テクスチャーの裏側にあるかもしれない記憶」の進捗状況&シンポジウム再告知

デジタル時代の物質性 あるいは 単にPhotoshopのブラシ あるいは 単にブラシ

授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

能動と受動の間,具象と抽象の間にある←,カーソル

小林健太「自動車昆虫論/美とはなにか」のトーク:本当に美だと感じているものに近づくことができるのではないだろうか