「テレビの砂嵐」のようなGrey #2_Nicolas Sassoon(1)



http://cloaque.org で展示されているNicolas SassoonによるGrey #2.「テレビの砂嵐」のようなGIFアニメ.Sassoonは1981年生まれで,現在カナダ在住.彼のページにいくと「PATTERNS」という項目があって,そこには「Grey #2」同じような抽象的なパターンがいくつかあげられている.それらのパターンはGIFアニメもあればFlashもある.「PATTERNS」のほかに,「STUDIES」「OBJECTS」「OBJECTS」「INSTALLATIONS」などがある.

描かれているのは,総じて8ビット風のもの.なので,「あたらしい美学」として考えられるのかもしれないが,今まで名前を聞いたことがなかった.けれど,検索してみると結構いろいろと記事がでてくる.2011年にSara Ludyとともに行った「WALLPAPERS」という展示がRhizomeでレビューされていたり,http://societeperrier.com/というサイトで「Nicolas Sassoon: Pixel Painter」といインタビューが掲載されている.また,2008年にKrist WoodらとともにComputers Clubという作品を展示するオンラインスペースをつくっている.

はっきりいって,Grey #2だけ見ると,何だかよくわからない.なので,もう少し調べてみることする.


このブログの人気の投稿

アレゴリーを創造するプログラムという言語的記号

Poi Vol.1 featuring Nukeme_PDF

批評誌『ヱクリヲ9』に寄稿

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

MASSAGE連載01_サーフェイスから透かし見る👓👀🤳/サーフェイスからバルクとしての空間を透かし見る

ゴットを信じる会《告白》について考えたことと,これからエキソニモとゴットのどちらを探るのだろうか?

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

メモ_融けるデザインとexUI:渡邊恵太さん

メタファーと身体の関係