お仕事:メディア芸術カレントコンテンツへの記事_10

記事を書きました→The World's First Tumblr Art Symposium がニューヨークで開催

2013年3月9日に開催されたThe World's First Tumblr Art Symposiumについてです.Tumblrでこれだけ盛り上がれるの,素敵です.そして,記事にも書きましたが,ネットの出来事を考えるための「言葉」をつくっていく必要があります.

記事には文字数の関係で書けなかったのですが,The World's First Tumblr Art Symposiumを紹介する紹介する記事のなかにも興味深いものがいくつかありました.Artlogは,10年前にBloggerやWordPressなどを舞台にして「テキスト」に関して起こっていたことが,Tumblr では「画像」で起きていると書いています.また,SFAQはTumblrは「具体」などのアートムーブメントと同じようなもので,ネットアートでもあり,あたらしい美学でもある.それがオンラインから生まれているのだとしています.

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

ÉKRITS連載_スケッチパッドで「合生」される世界 - インターフェイスを読む #2

IAMASでの勉強会_「The Word "Remix" is Corny.」と言えるけど,実際どうなの?

ディスプレイと物理世界との重ね合わせと物理世界から外れたディスプレイ:「一枚の絵の力」の永田さんと山形さん

各世代の動きをとめてしまう「ベタさ」でしか「インターネットおじさん」を考えることができない

紀要論文「クリーンな色面に重ねられたテクスチャが生み出すあらたなマテリアル」

「動詞から名詞へ,名詞から動詞へ」という感覚の切り替え

ÉKRITS連載_最小化するヒトの行為とあらたな手 - インターフェイスを読む #1

身体|カーソル|イメージ:カーソルによって切り替えられる世界

研究者として以前より「自由になった」という感覚があります