映像学会+IDPW

先週の日曜日,6月3日に日本映像学会第38回大会で「GIFの質感:「ポスト・インターネット」から考える画像形式」という発表をしてきました.発表前にbufferを使って,自分で自分の発表をtsudaる仕込みをするということなどもしました.

toggetter:水野勝仁さんの発表「GIFの質感:「ポスト・インターネット」から考える画像形式」「edtion1」さんのまとめ,ありがとうございます)

反省:タイトル通り「GIF」に限定するべきでした.JPEGも扱ったために盛り沢山すぎました.

収穫:大学院時代の先生から,トーマス・ルフの《jpegs》までは正統的な感じで理解できるのだけれど,「nes jpegs」になるとよく分からないと言われたこと.GIF全般のムーブメントも含めて,以前の画像の歴史とは「断絶」があると思っていたので,先生からこう言われて「断絶」は確かにあると思えました.

もうひとつの学会での収穫は,基調講演での阿部一直さん(山口情報芸術センター:学芸課長、チーフキュレーター、アーティスティックディレクター)の以下の言葉.


「インタラクティヴィティとは何に対するインタラクションか」
知覚されるオブジェクト? 空間?
プログラム? コード?
メディアプラットフォーム?
アーキテクチャ?
疎外化される身体の回復?記憶?
他者との共有性への想像?
メンタルエナジー?メディア的無意識?
それ以外のまったく予期しないもの?
インタラクションをメタレベルでデザインすることは可能か

GIFについて考えているときに,GIF自体とインタラクションしているのか,それともGIFを流通させるtumblrなどのアーキテクチャとインタラクションしているのか等など,「インタラクション」について考えていたので,この言葉にははっとさせられました.

映像学会での発表のあとは,IDPWささやかな会 #0000001 featuring "GIF" 6/3(sun)にゲストとして参加して,千房けん輔さん @1000b + 藤岡定さん @sadamb + 渡邉朋也さん @nabetanne とGIFについてお話しました.GIFやその周りのインターネット・リアリティについて考えてきたことを,実際にWeb制作や作品などでインターネットに深くコミットしてきた人たちに投げかけけるという,とても貴重な時間でした.「圧縮は娯楽」「GIFは身体的」などなど,ここで得られたアイデアはまた深めて「インターネット・リアリティ研究会」やこのブログに還元していきたいです.

「ささやかな会」での発表資料:GIFの質感:「ポスト・インターネット」から考える画像形式_発表ノート(β)(学会発表では制限時間の関係から削った部分が残っています)

こうやって改めて書いてみると,盛り沢山の福岡旅行でした!

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》

《ゴット・イズ・デット》が示すインターネットの「不穏さ」

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

授業ノート:ポストインターネット時代の芸術作品_ネット公開用

[インターネット アート これから]の「これから」を考えるためのメモ_03

儚いソーシャル麻婆豆腐

MASSAGE連載10_谷口暁彦《夜だけど日食》と《透明感》@「超・いま・ここ」/ ディスプレイを軸に畳み込まれ、重なり合う複数の空間

「ソーシャル麻婆豆腐」がつくるそこにある「空白」

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.