スライド:映像文化 第8回|仮想世界を示す映像

愛知淑徳大学 映像文化
第8回 仮想世界を示す映像:仮想世界になれる?→スライド

参考資料
映像
マトリックスシリーズ お買い得パック(4枚組)<初回限定生産> [DVD]
電脳コイル (1) 通常版 [DVD]
サマーウォーズ [DVD]
Pranav Mistry at TED; The Sixth Sense - part 1

書籍・テキスト
ICC ONLINE | ICC メタバース・プロジェクト | メタバース研究会:エキソニモ×ドミニク・チェン「仮想空間のリアリティとは」
不完全な現実―デジタル・メディアの経験
ウェブ×ソーシャル×アメリカ <全球時代>の構想力 (講談社現代新書)
『SITE ZERO/ZERO SITE』No.2「情報生態論──いきるためのメディア」
サイバー・メディア・スタディーズ―映像社会の“事件”を読む (Cine lesson (別冊))
エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために
いきるためのメディア―知覚・環境・社会の改編に向けて
人間はガジェットではない (ハヤカワ新書juice)

講義を終えて
インターフェイスを通して仮想世界に触れて,そこから「現実|仮想」という新しい関係が生成して,そのあたらしい関係に慣れていくというところは,うまく言えなかった.インターフェイスだけではなく,ここでとりあげたマトリックス,電脳コイル,サマーウォーズだけでもなく,その双方を見ていくことで,現実と仮想との関わり方が見えてくるのではないでしょうかと思いつつ.私たちの住んでいる世界は現実でもあり,仮想でもある.そういったことが,後期での同じ回でははっきりと示していきたい.

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》

《ゴット・イズ・デット》が示すインターネットの「不穏さ」

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

授業ノート:ポストインターネット時代の芸術作品_ネット公開用

[インターネット アート これから]の「これから」を考えるためのメモ_03

儚いソーシャル麻婆豆腐

MASSAGE連載10_谷口暁彦《夜だけど日食》と《透明感》@「超・いま・ここ」/ ディスプレイを軸に畳み込まれ、重なり合う複数の空間

「ソーシャル麻婆豆腐」がつくるそこにある「空白」

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.