メモ:カーソルはメタファーではない

すべてが見えている新しい表面の中で,消えてはじめてその存在に気付くように,よく見えていないカーソル.

カーソル自体がイメージでありながら,他のイメージをブリコラージュするカーソル.

イメージもなく,シンボルでもない新しい記号様態をしめしているようで,身体とも強く関係を持つ点でそれとも異なるカーソル.

カーソルは「身体的|視覚的|記号的」という3つの精神が統合されている存在なのではないだろうか?

カーソルは映像でもあり,データでもあり,身体でもあり,モノでもあるような「よくわからない」存在なのではないか?

私たちは「よくわからない」ままカーソルを受け入れたている.つまり,カーソルは私たちの血肉となっている.だから,その存在に何も疑問を抱かない.しかし,そこにはどこか「よくわからない」部分があるはずである.

カーソルとは,モノと情報とを組み合わせて,よくよく考えると今までの枠組では捉えることができない「よくわからない」経験を作り出す存在なのである.

カーソルの「よくわからなさ」は,それが私たちが慣れ親しんだ世界からコンピュータの世界に持ち込んだ「メタファー」ではないからである.カーソルは,ヒトとコンピュータとのあいだのコミュニケーションで,まさにリテラル(文字通り)にただ「カーソル」として存在している.

私たちヒトが「身体的|視覚的|記号的」の3つの精神を統合して,何かのメタファーでなくただリテラルに世界に存在しているように,カーソルも3つの精神を統合したかたちで,コンピュータから何の理由もなく生じたリテラルな存在だと考えられる.

90年代のメディアアートはメタファーに満ちていたとすれば,2000年代以降のメディアアートはリテラルになっているのではないだろうか.

90年代のユーザ・インターフェイスがデスクトップ・メタファーからの脱却を試みていたように,メディアアートもリテラルになろうとしたと考えられるからである.

メタファーからの脱却は,私たちがコンピュータを血肉化していったプロセスと呼応している.エキソニモの《断末魔ウス》はこの血肉化を「マウス」と「カーソル」というコンピュータにとって,リテラルなモノとイメージを使って抽出した表現なのである.

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

Surfin' に見たふたつのデスクトップ───永田康祐《Sierra》と山形一生《Desktop》

授業ノート:ポストインターネット時代の芸術作品_ネット公開用

[インターネット アート これから]の「これから」を考えるためのメモ_03

MASSAGE連載10_谷口暁彦《夜だけど日食》と《透明感》@「超・いま・ここ」/ ディスプレイを軸に畳み込まれ、重なり合う複数の空間

「薄さ」を与えられた平面:藤幡正樹の作品における平面の諸相

紀要論文 身体|複合体|四人称:ヒトとコンピュータとの関係に関する試論

写真家・小林健太さんとのトーク「ダーティーなGUI」のスライドとその後のメモ

ディスプレイと物理世界との重ね合わせと物理世界から外れたディスプレイ:「一枚の絵の力」の永田さんと山形さん

MASSAGE連載09_小林椋《盛るとのるソー》 ディスプレイを基点に映像とモノのあらたな「画面」状態をつくる