二重肯定の世界のコピペ

もうひとつのブログに書いた文章.気になったのでこちらにもコピペ.
ディスプレイは見ているときには,単なる平面で,
触れてた時には,モノ,立体的になる.
でも,モノになっても,やはり平面なんだよな.
触れていても,見ているから.
触れてもいるし,見てもいる.
平面でもあり,モノである.
Aでもあり,Bでもあること.
二重記述の世界.しかも二重肯定の世界.

二重肯定の世界?
またまた無責任だけれど,自分的には面白い言葉.
どんどん世界が,二重肯定の世界になっていっている.
Aでもあり,(同時に)Bでもある.
同一性が前提とされない世界.
マルチモーダルな世界.
ちょっと違うか.
同時に複数の存在でありえる世界.
多が多であり続ける世界.
当たり前のようだけれど,なんかひっかかる.
平面が平面のまま,立体であること.または,その逆.ディスプレイの中の出来事.机の薄さ.アンフラマンス.次元のあいだの移行.半透明.あいまいさの境界.

コピペして,もう少し考えようとしたらけれど,こちらではあまり考えがまとまらない.まだ,そういう段階だということかもしれない.

このブログの人気の投稿

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

美術手帖(2017年9月号)にHouxu Que個展「S H I N E」のレビューを寄稿

サマーウォーズ:身体とアバターのデザイン(1)

「テクスチャーの裏側にあるかもしれない記憶」の進捗状況&シンポジウム再告知

授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

小林健太「自動車昆虫論/美とはなにか」のトーク:本当に美だと感じているものに近づくことができるのではないだろうか

「\風景=風景」あるいは「システム=風景」

ÉKRITS連載_GUIが折り重ねる「イメージの操作/シンボルの生成」 - インターフェイスを読む #3

GUI に生じる、緩やかではあるが途切れることのないイメージの相互関係