ステンドグラス

明るさに囲まれた世界.
それが,私たちが住んでいる世界で,時代なんだと思う.
アーツ&クラフト展にいったときに,
美術館の照明のせいもあるけど,
家具も重厚で,壁紙,タペストリーもなんか暗くて,
それらに囲まれていた世界はとても暗かったのだろう.
なんて,少しも考えていなかったのですが,
そんなときに,ステンドグラスの展示を見たのですが,
それは,しっかりと後に光源をもっていて,
とても明るかったのです.
そのときに,今,私たちがいる時代は明るさに囲まれていると思ったのです.
そして,今の時代を基準にすると昔はとても暗かったのだろうと.
当たり前のことかもしれませんが,
私たちの周りを囲む明るさの違いは,
私たちの感覚に大きな影響を与えていると思います.
そして,こんなに明るさ,つまり光を自由に扱えるようになったのは,
人類史的にはつい最近のことなのです.
今からみた暗さと昔からみた明るさ.
その間の人間の実感を考えること.


このブログの人気の投稿

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

Poi Vol.1 featuring Nukeme_PDF

スライド:映像文化 第4回|テレビ:同じ時間にみんなで見るから,共有の場へ

身体|カーソル|イメージ:カーソルによって切り替えられる世界

紀要論文「クリーンな色面に重ねられたテクスチャが生み出すあらたなマテリアル」(追記:2017/09/07)

授業ノート:ポストインターネット時代の芸術作品_ネット公開用

MASSAGE連載09_小林椋《盛るとのるソー》 ディスプレイを基点に映像とモノのあらたな「画面」状態をつくる

授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

アニメのセルがもつツルツルなクリーンさをダーティにしてみると…