映像の軽やかさを,その生得性と考えてみること

映像の軽やかさを,その生得性と考えてみること.
物質性のなさから,私たちの身体が得ること.
新しい世界.物質性がないということから生じる新たな感覚.

新しいとともに古来の感覚.
そよ風に手を当てる,そのときの感覚.
アニミズムに通じる感覚を,映像に覚えているとしたら.
新たな神話を作り出すこと.
物語るのではつながりを作り出すこと.
映像の軽やかさから,なめらかな物質の類似性を感じること.
アナロジー.アナロジーの連鎖.アレゴリー.
どこまでもつなげていくこと.
それをテキストにしていくこと.
テキストも軽やかに.

行為も軽やかに.
ただそれだけの行為.
ヴィリリオに批判されるような,ただそれだけの行為.
ただそれだけの行為を擁護すること.
ただそれだけの行為と,映像との組み合わせによって,
新たな感覚が生じていると考えること.

このブログの人気の投稿

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

ÉKRITS連載_GUIが折り重ねる「イメージの操作/シンボルの生成」 - インターフェイスを読む #3

「テクスチャーの裏側にあるかもしれない記憶」の進捗状況&シンポジウム再告知

授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

小林健太「自動車昆虫論/美とはなにか」のトーク:本当に美だと感じているものに近づくことができるのではないだろうか

「\風景=風景」あるいは「システム=風景」

GUI に生じる、緩やかではあるが途切れることのないイメージの相互関係

マジック・メモ:行為=痕跡=イメージの解体可能性

MASSAGE連載11_光/絵具で塗りつぶされたディスプレイ エキソニモ 《201704EOF》、《A Sunday afternoon》