なめらかさ

なめらかさって,何だろう.
インタラクションのなめらかさ.
レスポンスのはやさ.
そんなことが,書いてあった.
それだけではなくて,
触れている部分の文字通りのなめらかさ.
この「もの」としてのなめらかさへの注意が欠けている.
情報の流れのなめらかさと,もののなめらかさ.
その間における,ヒトの行為のなめらからさ.
3つのなめらかさを考えたとき,
ヒトの行為は今までとは異なるものになるのではないだろうか.

このブログの人気の投稿

告知:第4回新視覚芸術研究会「デジタル時代の次元の折り重なり」【追記_2017/08/08】

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

美術手帖(2017年9月号)にHouxu Que個展「S H I N E」のレビューを寄稿

サマーウォーズ:身体とアバターのデザイン(1)

「テクスチャーの裏側にあるかもしれない記憶」の進捗状況&シンポジウム再告知

授業ノート:ディスプレイ時代の芸術作品_ネット公開用

小林健太「自動車昆虫論/美とはなにか」のトーク:本当に美だと感じているものに近づくことができるのではないだろうか

「\風景=風景」あるいは「システム=風景」

ÉKRITS連載_GUIが折り重ねる「イメージの操作/シンボルの生成」 - インターフェイスを読む #3

GUI に生じる、緩やかではあるが途切れることのないイメージの相互関係