投稿

5月, 2009の投稿を表示しています

養老天命反転地

暗闇の中を手を前に伸ばして進む.
壁を手で触れる.
壁が途切れる.空間がある.曲がれる.曲がる.
手はまた壁を探す.
これは作品とわかっていても,
暗闇の中を進むのは難しい.
触れることで,道がわかる.
触れるものがないことで,道がわかる.
触れることと触れないことが交互に来るから道が分かる.
触れることだけでも道は分かる.
触れるものがないと道は分からない.

能動性触知覚の生理学

能動的触知覚(アクティヴタッチ)の生理学/岩村吉晃

手による能動的触対象認知
アクティヴタッチ(active touch)
ハプティクス(haptics)
haptic:ギリシャ語で触る,掴む
カッツとギブソン:能動的知覚と生態的知覚
ハプティック系(haptic system)

皮膚,関節,筋に存在する受容器群が協同して貢献する複合的な知覚であり,手や口などの能動的な知覚器官により,ヒトあるいは動物が身体に接触する環境や対象物,あるいは自分自身の身体を知覚するための系である.

手の動きは記憶にある対象の表象を窺い知る窓

自分自身の身体(たとえば手)が刺激されているという感覚ではなく,触っている対象を知覚するという体験が生じる仕組みはそこにある.

あるい指の屈伸でも,ある指を曲げて他の指を伸ばすという特殊な組み合わせによって,初めて最大に興奮するニューロンがある.

もっとも合理的な持ち方.
手のどの部分がどんな組み合わせで対象に触っているかが重要である.
--
マウスを持つ手.その合理的な持ち方.掴む.
iPhone を持つ手,その合理的な持ち方.掴む.と,指差す,触る,触っていることで興奮するニューロンと触ってイメージが変化するのを見て興奮するニューロン? この組み合わせが,重要.情動,エモーシャルへの訴え.
何を触って,何を知覚しているのか.ディスプレイとの組み合わせの中で,何を触って,何を知覚しているのか.何を知覚していくのか.
手の先だけでなく,腕の動き,肘の使い方などなどの組み合わせ.

フッサールが iphone に触ったら

フッサール現象学における感覚論の一考察:身体とヒュレーの現象学に向けて/稲垣諭

「今後の現象学の可能性」を探るという言葉.
運動性とともにある感覚としての「触感覚」.

iphone などにおける触ること「運動」と見ること「静止」
見ているものも,勝手に動く.
情報が,私たちとは関係しつつも,独自のプログラムで,別個に動くこと.

その時の「触感覚」と「見る」ことの関係.
動きと静止の関係.
動きと,その動きともに生じる動き,しかし,それは別個のプログラムによる動き.
同一の物理的因果のものではない,別個の動きを納得すること.
それを心地よいと思うこと.

フッサールが iphone に触ったら,何を思うのだろうか?

参考文献1

It is forbidden not to touch some remarks on the (forgotten parts of time) history of interactivity and virtuality/Pater Wibel

Twin-Touch-Test-Redux: media archaeological approach to art, interactivity, and tactility/Erkki Hutamo

Tactile tempatations: About contemporary art, exhibitions, and tactility/Erkki Hutamo